BASE

今、売れる為にやっている事を一つ書いておきます

人に何かを教える仕事。

これって凄く難しい事やと最近つくづく思う。

家庭で子供に何かを教えるのもそう。

勉強とか躾(しつけ)っていうやつね。

親が偉そうに言ってもさ子供はちゃんとわかってる。

「お父さんも出来てないやん!」

「偉そうに言ってばっかり!」

自分は何もせんくせに、偉そうにあーだこーだ言ってたら親の威厳なんてあっと言う間に無くなる。

そんなもんですよ。

だから何事も子供と一緒になってやる。

「お父さんも一緒にやるからお前も頑張れ!」って。

明日から一緒にダイエットしますw


<このブログを書いている人>

全国の売れないネット通販店のミカタ。
落ちこぼれEC店主を救うおじさんトレーナー森です。
普段は三児の父&タダのおじさん。

ネットショップの集客、売上アップについてのノウハウをつぶやいています。


ネットショップの仕事は販売では無い!

ネットショップをやる理由。

それは人それぞれだと思う。

とは言え、上位に来るのは「お金儲け」である事は間違いない。

ネットショップで「お金儲け」をしようと思った時に必要な事

それは

「お客様に買ってもらう」

という事やね。

買ってもらって初めてお金が入ってくる。

でも問題は

どうやったらお客様が買おうと思うところまで来てくれるのかって事。

ここまで来てくれたら

もう後はお客様次第だからね。

まぁもちろん色々と背中の押し方もある。

でも来てくれなかったら背中も押せませんよ。

お客様がお店まで来てくれて
このお店の商品がいいなと思ってくれて
また店に来れるようにする。

そして再び来てくれたお客様が

何度も来てくれるような工夫をする。

このような

お客様の心理を考えて

お客様に喜んでもらう。

これを常に考えて行動する事

それがネットショップの仕事なんですよ。

何をすればお客様は喜んでくれるのか

ここからは自社サイトやBASEなどでショップをやっている人に特に見てもらいたい。
モールに出店しているのとは集客方法が異なるからね。

さて

お客様はインターネットで何をしているのか?
これを考えるとスタートしやすいね。

数年前までは「調べる道具」として使われていた。
だから「商品を買おう」と思って「調べる」という行動から
SEOなどを勉強したりアドワーズ広告などで

検索サイトの上位に出てくる必要があった。(今もそうです)

そして時代は進んで
今は「交流」「娯楽」っていう所がメインになってきている。
SNS、YouTubeを使って楽しんでいる人がとても多いよね。
AIがあなたの趣味趣向に合ったものを

偶然を装って見せる事で購買に繋がるようになる。

こうして考えると
検索であろうが、AIを使った広告であろうが
僕らがやるべき事は

お客様が欲しいものを伝える事。
お店や商品を見せてあげること。

これなんです。

いくら良い商品を売ろうが

いくら安いものを提供しようが

いくら親切な店であろうが

とっても美しいデザインであろうが

お客様の目に触れなければ
永遠に売れる事は無い。

何もSEOや広告を買うだけじゃないけどね。

ともかく

どうやったらお客様の目に触れるか。

それを考える事が結果的に
良い商品をお客様に伝える事が出来て
お客様を喜ばせる事になる。

そう信じて、
今日もお店や商品をお客様に見せていきましょう!!

ちなみに自分はこれをやって売れています。

公式LINE作りました!質問受け付けてます!

公式LINEに参加すると無料で「あなたのネットショップが売れる10か条」PDFをプレゼント!

登録はこちらをクリック!
下記のQRコードをスマホで読み込んでください。
お待ちしております。

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。