ミスがあった時の対処を間違うな!

Pocket

先日の車の事故処理もようやくひと段落しそうで

少し肩の荷が下りた森です。

とは言え、まだ支払いの交渉が残っていて気分的には晴れませんが。(笑)

こういう

相手とのやり取り

しかも

嫌な事でのやり取りは気分が乗りませんよね。

こちらの言い分を全部言えば角が立つ。

かと言って、相手の言い分を全て聞いていては一方的な損をしかねない。

やってしまった事は仕方ない。

だから交渉も最後まできっちり。

ただ、また借りた車を傷つけてしまい泣きそうになっています。爆

狭い道には気を付けよう!泣

<このブログを書いている人>

全国の売れないネット通販店のミカタ。
落ちこぼれEC店主を救うおじさんトレーナー森です。
普段は三児の父&タダのおじさん。

ネットショップの集客、売上アップについてのノウハウをつぶやいています。


人間だからミスは起こるものです

ネットショップだけでなくどんな仕事でも

出来れば誰でも

ミスは起こしたくない!

そう思っている筈です。

そしてミスは無かったことにしたいものです。

起こそうと思って起こるミスなどありませんからね。

でもね

ハッキリしておかないといけない事がいくつかある。

そのうちの一番最初に来るものが

起こしたミスがどんな原因で起こったにせよ

「お客様には関係ない」って事

「いやー、人間誰でもミスはするんでー」

「これ僕のせいじゃないんですよねー」

「あなたもミスぐらいしますよね?」

そんな態度で接したら

もう間違いなくブチ切れられる。

言葉や態度に出さなくても心の中では怒りで一杯。

もう二度と注文が無いのは間違いないよね。

ミスは仕方ないが、それは次に活かすステップにならないと最悪の事態を招く入口にしかならない。

ミスが発覚したら一番に何をするか

先に書いた

「お客様には関係ない」でわかると思うけど

人間、誰かに迷惑をかけてしまったら

まず最初にやらなければならない事がある。

それは

「謝ること」

です。

まぁワザワザ書くほどの事でもないかとも思うけどね。

同じミスを起こさないための方法

この

僕が書くほどの事ではなくても書かないといけないと思うのは

「ごまかす」人を見てきたから。

人間誰でも怒られたくないもの。

だから

「それなら仕方ないですねー」

と言ってもらいたいと思う人が結構多い。

いや、ほぼ全員が穏便に事を済ませる事を願っている。

でもそれをやってしまうと多くの人が事の重大さに気付かない。

そして、また同じミスをやってしまうのだ。

事と次第にもよるんだけど

怒られるようなミスをした時は

盛大に起こられた方がいい。

そりゃ、お客様に思い切り怒られたらキツイよ。

精神的に落ち込んで仕事に影響を及ぼす事もある。

でもね

その嫌な気持ちを味わってこそ

次の失敗を防ぐことになる。

二度と同じ失敗をしないために必死に原因究明と対策に乗り出す。

こうしてやっとミスを次に活かす事になる。

ごまかしたらこうは行かない。

うまく逃れたら変な自信がついて次も逃れられると思うもの。

これじゃぁまた同じミスをするし

それよりも

ミスされたお客様がたまったもんじゃない!

防げるミスを防ぐ方法

ミスを防ぐって言っても

殆どの場合起こってからしか気付かない

だからミスをする。

そのミスを極力防ぐには二つの方法があると思ってます。

ひとつは

何度もシュミレーションをする

数回のシュミレーションではなかなか想定外のミスまでは起こらない。

だから何度もやる。

そうすると間違います。

僕がやらかしたのはメールの誤送信。

別のお客様に送る内容を誤ってコピペ(コピー&ペースト)で記載してしまった。

これは「コピペ」は絶対にしないと決めて解決。

もう一つは

違和感」を感じたらそのままにしない

って事。

これ結構大事なんですよ。

人間って不思議なもので

何か間違ったり、嫌な事が起こる前には

違和感を感じる事が多いのです。

「あれ?なんかおかしい気がする」

これを気のせいだと放っておくと後でミスが発覚する場合が多々ある。

もちろん、ただの気のせいって事もある。

でも気を付けるに越したことは無いし、結構防げる事もあるものです。

まぁ

そんな事を言いながら
日々、大小のミスを繰り返し
お客様に怒られまくって
カメの歩みのようゆっくり成長してきたのは私です。。。爆笑

公式LINE作りました!質問受け付けてます!

公式LINEに参加すると無料で「あなたのネットショップが売れる10か条」PDFをプレゼント!

登録はこちらをクリック!
下記のQRコードをスマホで読み込んでください。
お待ちしております。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森美明/モリヨシアキ
ネットショップの専門家、コンサルタント。コンサルティング歴20年。楽天市場、ヤフーショッピングなどのEC/ネットショップを120店舗以上指導。中小企業庁ミラサポ専門家。阪神タイガースを熱狂的に応援。奈良県香芝市在住。