大きな成果を出す為のちょっとした方法

Pocket

長女は今日からスケートキャンプに行きました♪

娘は泊りがけで遊びに行くのが大好きです。

しかも、親と離れて。

小学校に入る前から、通っているスポーツクラブ主催のキャンプに行きたがります。

今日からの「スケートキャンプ」にも当然参加です。

知っている友達はいつも一人だけ。

でも寂しくないんだって。

そして行ったら必ず誰かと友達になって帰ってくる。

人見知りで寂しがりという僕の性格からして考えられない訳ですが、子供は知らない所ですくすくと育っているようです。

おとうさん、ちょっと寂しいです!(=_=)

ではブログです。

大きな成果を出す為のちょっとした方法

積み重ねは大事です。

ブログを書くと決めたら書き続ける。

SNSも毎日投稿する。

そりゃやらないよりやった方が良いよ。

でもね、それだけで良いのかって言うとそんな事ないですよね。っていう話です。

やればできると思えるほど自分に自信も無い人も多いしね。

「ワンパターン」と「習慣化」は似ている?

人は毎日生きていると、つい「ワンパターン」の生活に陥ってしまいます。

それが悪いのかと言うとそうじゃない。

僕は「ルーティーン化」って言う言葉が好きで、僕なりに「習慣化」と言う意味に捉えています。

分かりやすく言うと、「日々何も考えず当たり前にやる事」っていう感じだと思う。

これを「当たり前化」と言うとすれば、日々難しい事もこともなげにこなしている人を僕は「当たり前のレベルが高い」と言っています。

なんかややこしいね。(^-^;

とにかく、当たり前の事を当たり前にやっている人は多い訳です。それが人それぞれレベルの違いがあるにしても。

あなたが「当たり前にやっていること」はどっち?

ただ、僕はこの「ルーティーン化」や「習慣化」や「当たり前化」っていうのは「ワンパターン」とは違うと思っています。

多分、誰でもそうだと思います。

ワンパターンは変化がないままつまらないという感じ

習慣化は変化をつけたものを無意識にできるようになる感じ

この違いです。

あなたが毎日こなしている仕事は

ワンパターンなのか

それとも、習慣化したものなのか

さらに、習慣化の後ワンパターンになっていないか?

大きな成果に繋がるちょっとしたこと

ブログを毎日書くのは良い事です。

習慣化されれば素晴らしい。

でも、それがワンパターンになっていたら「変化がないままつまらない」という感じになる。

そこで必要なのが

「ちょっとした変化を求める」って事。

この、ちょっとした変化を習慣化できたら、もうワンパターンになんてなりようが無いですよね。

だって、常にちょっと変わっているんだから。

今やっている仕事が忙しい人が大きな変化を求めても難しいです。

やったとしても続かない。

だから「ちょっとだけ変える」って事をやってみたらどうでしょう?

  • 写真を変える
  • テキストリンクを画像リンクに変える
  • キーワードを追加してみる
  • ブログの導入を変えてみる
  • SNSで好きな趣味の事を投稿する
  • 商品発送時に「アタリ」と書いてチロルチョコを入れる

例えばこんなちょっとしたこと。

この、ほんの少しの変化の積み重ねこそが、いつか成果に繋がります。

あなたはどんな「ちょっとした変化」をやっていきますか?

独りで考えても浮かばない。忙しくて無理に時間を作らないと無理。そんな人は一度に向けた「ほんの少しの変化」があります。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森美明/モリヨシアキ
インターネットweb関連アドバイザー歴20年。年商1億以上のEC/ネットショップを複数店舗指導。シニア起業、パソコンを使った事業運営のお手伝い。奈良県商工連合会専門相談員。阪神タイガースを熱狂的に応援。奈良県香芝市在住

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です