ブログ・WEBサイト

同じ言葉でも「話は出来る」のに「文章は書けない」という人がいる件

面と向かって話をすると

すらすらと

自分の想いや

商品に対する熱意

お客様に対しての愛

そんなのが出てくる。

でも

それをネットでは出せないという。

ブログを書きましょう。

SNSで投稿しよう。

ショップページで自分を出しましょう。

そう言っても出せない。

それは何故か。

答えは簡単です。

普段からやっていないから。

やった事が無いから。

それだけ。

それだけなんですよ。

いつも話している事を書けばいいだけ

人に話すのはいつもやってる

想いだっていつも持っている。

だから人にそれを話す事はできるし

何度も離した事がある。

でも

それを文章にした事がない。

ネットで公表したことがない。

だから書けない

そもそも文章を書くとなると

キチンとしたものを書かないといけないと思い込んでいる。

良い文章は書けない。

だからネットに上げられない。

ここが問題で

多くの人がすでに言ってるけど

あなたの文章が上手いかどうかなんて

誰も気にしていない。

だって文章のプロじゃないんやから。

それよりも

自分の仕事について熱く語るだけで

誤字脱字があろうが

方言だらけだろうが

支離滅裂であろうが

なんかしらんけど

熱さだけは伝わる。

それが良いのです。

SEOなんて気にしていたらブログは続かないよ!

そりゃ、SEO的に言うと

そんなブログは検索されない。

だから読まれない。

でもそんな事はどうでもいい。

いや

どうでも良くは無いが

いきなりそんな事考えても無理なんです。

あなたが今すぐ

素晴らしい文章で

Googleさんからも好かれて

バンバン検索されるブログを書ける

そんな事があるなら

世の中ブログ長者だらけになる。

僕も含めて

殆どの人が素晴らしい文章のブログなんか書けない。

ではどうやってブログを読んでもらうのか

そこが問題なんだよねー。

「質」を上回るには「量」で勝負するしかない!

それにはこれしかない

質を上回るには量で勝負する!

量より質では無い

質より量だ。

そんな事が可能のなのか?

可能かどうかよりも

質を上げられないとしたら

やらないと話にならないんです。

人は毎日色んなことを話しています。

このコロナ禍では人と話す事が減ったという人もいるでしょう。

でも

今まで人と会えば話してきたはず。

だから今も人と会えなくても

話したい事は山ほどあるだろうし

会ってしまえば自然と言葉は出てくるもの。

だからそんな調子でブログを書けばいいんです。

下手でも何でもいいから。

でね

100記事くらい書いたら

そのうち1本や2本は良い記事が書けるようになってくるし

その1本や2本が他の記事の案内役をしてくれる。

良い記事を書くためには

100本の記事を書く事。

毎日書けば3ヵ月と10日ほど。

僕は毎日ブログを更新し始めて

ようやく1ヵ月が過ぎ、今2ヵ月目です。

まだまだこれからですが

ブログからの申し込みも出てきています。

やれば結果は付いてくる。

やらなければ何も起こらない。

あなたもブログを書いてみませんか?

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。