ブログ・WEBサイト

何のためにブログを書くのかを考えるブログ記事

まずは言い訳からスタートします。

またもや更新が途切れました。

日曜日だけ肉体労働の手伝いを頼まれていて

それをやってからブログを書くという事になるのですが

昨日の日曜日は疲れて寝てしまいました。

はい、言い訳~

年取るとめちゃ疲れるんす~

今日からまた改めて毎日更新を続けます。

でもね

この「ブログ」って本当に仕事に役立つんでしょうか?

そして「毎日更新」に意味があるんでしょうか?

今日はそんな事を僕なりに書いていきます。

世の中の流れには逆らえない

僕がインターネットを使い始めて

かれこれ20年以上になります。

そんな古くからあるんですよ。

でもスタートした頃のインターネットって

今ほど情報量も無く、スピードも遅かったんです。

重い画像や動画は途切れ途切れでしか見れず

圧縮したりした軽くて小さなデータしか扱えなかった。

それが今はどうです?

少々重いデータ、動画でも今の回線スピードや容量なら難なく見れますよね。

スゴイ時代です。

インフラ、ハード面がどんどん進化して

それに伴って配信されるコンテンツも変わっていったんですね。

ではその頃に配信されていいたデータやコンテンツって何だ?

それは

テキストのコンテンツです。

これが凄くビジネスに結び付いたんですよ。

ブログコンテンツが仕事に繋がる時代が確かにあった

僕はまだブログサービスというものが無かった頃
自分のホームページで「コラム」という形で記事を更新していた。

当時のコラム記事

当時はこのようにホームページで記事を更新する人は非常に少なくて、僕のコラムを読んでホームページ制作の注文をくれた人が何人もいた。

時代は進んで無料ブログサービスで記事を書く人が激増した。

WordPressでブログを書く人も増えました。

ブログが検索上位に出やす事がビジネスに繋がりやすかった。

だからブログを書けば書くほど、続ければ続けるほど、良いブログに進化すればするほど売り上げに反映されたんです。

今はどうか?

僕自身はブログをやっているけれど、ぶっちゃけ以前よりもかなり仕事に繋がる確率は落ちています。

ブログが読まれ、ビジネスに繋がっていた頃

それはGoogleで検索するとブログが上位に出てきた時代があったから。

今も検索上位に出てくるブログはある。

僕のページもGoogleのアルゴリズムを意識して書いたぺーじはアクセス数がずっと高い。

でも毎回そんな記事が書ける訳も無いし

それがビジネスに繋がるかというと疑問なんです。

もっとそれよりも他の事をやった方がいい時代になっているかもしれないし

もう既にあるのかも知れません。

インターネットのビジネスはGoogleさんに振り回される

Googleっていうのは検索に使う訳だけど

上位に出す為のアルゴリズムという法則のようなものは度々変わります。(アップデート)

時には

なんじゃこりゃ~!

というほどの変わり方をして

検索順位が激変してしまい売上がガタガタになったという声も聞いたことがあります。

それほど

Googleのアルゴリズムによって私たちのビジネスは影響を受けます。

そしてこれからも影響を受け続けるのは間違いないです。

そしたら今は何をやれば商売に繋がりやすいんだろうか?

それはやっぱり

動画じゃ無いでしょうか?

動画配信と言えばやっぱりYouTubeです。

更新しなくなって久しい僕のYouTubeチャンネル。

そろそろまた復活か?!w

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。