SNS活用

ネット集客とは「たった一人に届く投稿」を繰り返すこと。

今日は久しぶりのZOOM相談で先ほど終わりました。

最近はLINEやLINE電話が多くて
顔を見ての相談は数か月ぶりです。

Twitterでも呟いておきました。

ただし

相談の主はネットショップ運営者ではなく

リラクゼーションサロンをされている方で「ネットで集客するのに色々とアドバイスして欲しい」と仰るんです。

実はわたくし、以前はホームページの制作もやっており
その時に結構整骨院さんのホームページも作っていたんです。

その関係もあって、相談したいと連絡いただきました。

もちろん
僕はサロン運営などやった事が無いし
実際に集客を成功させて大儲けしたような事例もありません。

それなのに
僕に聞きたいと言う方が現れるんです。

いやいや、僕はネットショップ専門なんですよ。

そう言っても

「あなたのように情報発信して集客する方法を聞きたい」

と仰います。

それならばと言う事で

私の知っている事をお話ししますと了解した訳ですね。

今日のZOOM相談の前にも少し話しをしていて
その段階で僕は
この方が何を聞きたくて
どうやって欲しいのかが何となくわかりました。

それは

自分の思い込みが合っているのかどうかの確認と
専門家や今やっている人に背中を押してもらいたい

と言う事です。

この方を含め
今商売をしている人の多くは様々な事を考えながら必死で前を向いています。

色んな勉強をする中で
それをやればいいとわかっていても
なかなか一歩が踏み出せない

そんな人が沢山いる訳です。

なぜ踏み出せないのかと言うと
それはやっぱり確信が無いからです。

確信が無いと不安が先に立ちます。

何の不安化と言うと
時間が無駄になったり
お金が無駄になったりする
そんな事もありますが

第一に

失敗する事が嫌なんです。

やっても無駄だった

そんな経験をするのが嫌で
先に保険を掛けたいんです。

もう、この感覚が僕には痛い程わかるんです。

僕がこの方に伝えた事。
それは

色々考える前に
動きましょう!

この方はすでに僕に相談するという行動を実践しました。
次は情報発信もやればいいのです。

失敗するとわかっていたらやりたくない。

その気持ちは分かります。
わかりますが、やらなければ何も起こりません。

失敗せずに最短距離で行きたい人が多すぎます。
僕は失敗も必要だと言っています。

たとえば
ブログを毎日書くのは無駄だ
と言う人がいます。
そんな事をしても売上には結びつかないと言うんです。

これ、実は正解です。
毎日ブログを書く事が売り上げに結び付く根拠などありません。

でも僕は必要だと思っています。
それは
ブログを書く事は「アウトプット」だからです。

自分の考えをまとめて書く。
これを繰り返しやっていく中で
成果が出ないとしたら

何かがおかしい

と気付くんです。
ここが大きなポイントです。

何かとは何か?

これを自分の頭で考えて結論を出すんです。

毎日書く事だけに囚われていたら
そりゃ売上なんかに結び付くわけが無いんです。

読み手にとって必要な内容
相手に伝わる書き方

そうなっていないと
絶対に反応に繋がる事は無いんです。

やっていけばそれに気づく事が出来ます。

それをやらずに
ある人は「無駄」の一言で片付けてしまいます。
やっていないからわからないんです。

確かに時間はかかります。
でもブログなんてそんなものです。
なかなか成果に繋がりません。

ただし、見返りはあります。
一度気に入ってくれたら
過去にさかのぼってずーっと読んでくれます。

たった一人かもしれないけれど
深く刺さる人が現れる可能性があるんです。

その人がお客様になってくれる可能性はかなり高いです。

だからブログを書いた方がいいと僕は言うんです。
SNSでも同じです。
気に入ってくれる人が一人でもいたらいいじゃ無いですか。
その「刺さる記事」「刺さる投稿」を続けていくだけです。

ネット集客とは

たった一人の人に届く投稿を繰り返す事です。

さっきから一人と言っていますね。
一人じゃ意味ないと思っている人もいると思いますが
一人にしか届かないと言う事は絶対に無いんですよ。
そういうつもりで書くと言う事なんです。

確率的に一人に届くと言う事は
潜在的に他に何人もそんな人がいると言う事です。

そんな事を今日はZOOMでお話ししました。

良かったら
あなたもZOOMで相談してみませんか?
全力で背中を押します。

お待ちしています!

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。