SNS活用

ネットショップのSNS活用方法とは

ネットショップでSNSを効果的に使いたい!
インスタを使ってどうやって集客出来るのか知りたい!

先日そんなご要望を頂きました。

僕はSNS活用のプロでは無いですが
実際にSNSを使って集客しているので
僕がやっている方法を交えてお話ししました。

まず言いたいのは

SNSってそもそも「集客ツール」では無いんですよ。

だから
SNSを集客目的に使うのは本来違うって事。

じゃあ
SNSって何をする為のツールなの?って言うと

「コミュニケーションツール」

なのです。

友人同士が繋がる
コミュニティの中で繋がる
知り合いが増えて繋がっていく

その繋がりの中で
コミュニケーションを行うツールなんです。

コミュニケーションを取ろうとしている中で
その人達を集客しようというのは目的から外れます。

同窓会で集まった友人に
保険や宗教、ネットワークビジネスの勧誘をするようなものですよ。

つまり目的外のことをすれば

絶対に嫌われる

って事です。

やってみればわかります。
僕はTwitterで集客しようとして大失敗しました。

フォロワーが増えてから
毎日「おはようございます」と言って挨拶の投稿をする。
すると割と決まった人たちが反応してくれるんです。
でも
たまに商売の宣伝を投稿すると
反応はめちゃくちゃ薄くなります。
宣伝ばかりになったらフォローを解除されたりします。

理由は簡単です。

誰も僕の商売なんかに興味が無いからです。

伝わりましたか?

でも逆の事も言えませんか?

友人知人ではなく
最初から僕の商売に興味がある人だけを集めていたら
これは違った結果になります。

あなたの商品が好き。
その商品が欲しい。
今は買わないけど買うかも知れない。

そんな人たちを集めると
商売の話は全然OKになる。

もともとのスタートが違う。

SNSを活用するなら
これを知っておくべきです。

友達を増やしてからやろうとする人が多いんです。
僕もそう思っていました。

営業の経験があるので
仲の良い人を増やす事で
買ってくれる人も増える。
そんな風に考えていたんです。

でもSNSは違いましたね。
ここは同窓会と同じです。
商売の話や売り込みは嫌われるんです。

だからスタートを変えるんです。

Instagram広告
Twitter広告
Facebook広告
LINE広告
YouTube広告

広告から入ると最初からビジネスの関係です。

僕はInstagram広告(Facebook広告)をやってみてわかりました。

広告で発信した投稿に「いいね」や「フォロー」が増えるとどうですか?
ここなら宣伝しても良いと思いませんか?
だって広告とわかって「いいね」や「フォロー」をしてくれているんですから。

先ほど書いた

あなたの商品が好き。
その商品が欲しい。
今は買わないけど買うかも知れない。

こういう人たちが集まってくれるんです。
後はこの人達に向けて
情報を発信し続けるだけです。

やっている事はメルマガにかなり似ていると思います。

広告を出すとそれだけで買ってくれる人がいます。
でもInstagram広告ならフォローもしてくれる。
だからその人が解除しない限り
こちらから見て欲しいタイミングで発信できるんです。

Instagramをはじめ
SNSをネットショップで使うなら
最初からビジネスとわかった状態でフォローしてもらう。

スタートを間違うと
結果は得られません。

もちろん
これと違うやり方でうまく行っている人がいると言う人もいますよ。

ただ、いつも言うんですが
そんな例外を見ても仕方ないんです。
芸能人や有名人じゃないんです。
凡人には凡人のやり方があり
セオリーがあります。

やり方を間違えると
欲しい結果にたどり着きませんから。

今日も読んでいただき有難うございました!

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。