お客様の声・事例

素人が始めた副業中国輸入でスタートして6ヵ月で月100万円売った話 その1

コロナ禍でリモートワークの中「副業で儲ける!」と誓った人の物語

コロナ禍だから自宅で稼ぎたい!という単純な理由からの始まり

ずぶの素人が

始めてからたった6ヵ月で

100万円を達成した事例の話をします。

コロナ禍になったばかりの頃

多くのサラリーマンが会社に出勤せず

自宅からのテレワークというものをする事になった。

その時、ある人はこう思った。

彼は神奈川県に住む「Oさん」と言います。

自信もテレワークをする事になったOさんは考えた。

「自宅で仕事をするなら副業もやりやすい環境になる」

「このご時世、いつ今の会社が無くなるかもわからない」と。

そうして色々ネットで調べると

「中国輸入転売」

というものがある事を知った。

「自分も出来るのでは?」

元々ガジェット系には興味があった彼はそれを売れないかと調べる事にした。

不慣れな英語を使ってはさらに調べた。

これはこれでスゴイ事なんだけどね。

コロナでマスクを仕入れ大量に売れ残った話

そうして

とある中国の販売サイトから商品を仕入れ

楽天市場とYahoo!ショッピングでネットショップをスタートさせた。

「ダメで元々」

「やるだけやって駄目でもサラリーマンに戻るだけ」

そう思って始めたはずのネットショップ。

どこかで

「簡単に売れるのでは?」

と思っている部分があった。

それは

「コロナ禍だからマスクを売れば買う人が沢山いる」

という理由からで

なんと彼は中国からマスクを大量に仕入れていた。

その結果

殆ど売れない。

それもそのはず

マスクを売ればいいと考えていたのは彼だけでは無かったからだ。

その程度の発想はすでに多くの人が持っていた。

そして現実にマスクを売る店が乱立していたのだ。

開店7日にして自力での運営を諦める

彼はOPENして1週間で早くも音を上げた。

「誰かに聞いてみよう」

相談に乗ってくれそうな人を検索で調べた。

そしてあるブログを読んだ。

「この人の相談してみよう」

直感的にそう思った。

その2に続く

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。