【成果が出る】自分を動かすスイッチとは?

Pocket

子供が宿題をやるスイッチを入れる時

出来る環境を作る必要性
宿題を頑張る娘

僕は最近、小学校1年生と3年生の娘に「宿題をきちんとやる事」をうるさく言うようになりました。

宿題は色々とあって、学校の宿題、公文教室の宿題、書道の宿題とあります。毎日やらなければいけない学校の宿題は割とやるんですが、公文の宿題と書道の宿題は「やった」と言ってやっていない事がよくあったんです。

先生からのメールで発覚した「宿題をやった詐欺」について親として責任を感じました。追い詰めてしまっているのか、能力以上の事をやらせているのかと。習いものは辞めようかと子供に言いました。

子供と話し合った結果、子供は習い事は辞めたくないと言います。だから宿題をきちんとやると。子供がそういう以上、出来るようにしてあげなくてはいけない。そう思って僕は毎日宿題の量を把握して終わるまで付き添っています。(付き添えない時もありますが)

そうやっているうちに、子供たちは学童保育や習いものが終わって帰宅すると「ルーティーン」を守るようになりました。

仕事のできる環境づくり
出来たら自分でチェックする仕組みだけど嘘はダメだよ!

1:帰宅⇒2:今日の片付けと明日の用意⇒3:宿題⇒4:お風呂⇒5:夕飯

こんな感じです。これもスムーズに行った訳じゃ無いんですよ。「ニンテンドースイッチ」は取り上げました。「テレビ」も帰宅から夕飯が終わるまで禁止です。子供が出来るようにしてあげないといけなかった。

今はこれが当たり前になってきて宿題を「早く片付けた方が楽やから早くやるねん!」と言ってやってくれています。

やり始めるのにスイッチは入れません。やる事が当たり前になっただけです。

「仕事やりました詐欺」をしていませんか?

子供の話ばかりしていますが、僕だって同じようなものです。

やらなければいけないと分かっていても、なかなかやらない仕事なんて沢山あります。ブログもメルマガも、新商品の企画も。早くやらないといけないけど進まないんです。

僕の場合やろうとした瞬間に他のものが目に入ります。それに手を出す。そして「やらなければいけない事を後回し」にして別の事を一生懸命やってしまうんです。

自分は仕事はしました。頑張りました。でも「やろうと思っていた事」は出来ていません。それが毎日繰り返されると結果は「何もやっていない」という事になります。

自分に問いかけます。「仕事やりましたか?」と。

僕は答えます。「やりました」と。

これ、「仕事やりました詐欺」ですよね。やらなければいけない事をやらずにやった気になっているんです。これでは思い描いた成果は出ません。

僕がなかなか進まない仕事をやり始める方法

僕は自分でわかっています。出来ない理由が。

「出来ない環境」の中でやろうとするから出来ないんです。

出来ない環境とはどういうことかと言うと
面倒でやりたくない自分がいるのはその通りですが、誘惑に負けてそれを避ける「逃げ道」があるんです。そっちの方が自分はやりやすかったり、楽しいと思っているんです。だから、自分の周りから「誘惑」を絶つ事で出来るようになるんですね。

例えば「メルマガ」を書く時。インターネットの繋がった「パソコン」、通知音が鳴る「スマホ」、まだ読んでいないけど読みたい「」。それらを一切自分の周りから遠ざけます

そう、子供の「ニンテンドースイッチ」「テレビ」と同じです。これらを禁止にすると子供は宿題に集中するようになった。大人の自分も同じなんです。

出来る環境を作る事

これがなかなか進まない仕事を始めるスイッチ。

環境づくりをしてください。ペンと紙だけを持ってスタバやコメダに行ってもいいし、集中できる部屋を作っても良いと思います。

良かったら実践してみてください。

自分の環境づくりが出来ていますか?

わかっていても自分ではなかなか出来ないという方も結構多いものです。第三者の目から指摘された方が話が早く進むという事はありますよね。子供から見た親のように、子供にとって邪魔なものを遠ざけてもらう存在です。

第三者の僕が皆さんの環境づくりをお手伝いします。

ご相談お待ちしています。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。