あなたに聞いて欲しい独り言

今更ですが、店長の顔写真を出すべきでしょうか?

先日のお店のInstagramの投稿を紹介します。

実は

これを見たある人が

「思いっきり顔出ししてるね。何があるかわからないから止めたほうがいいよ」

そんな事を僕に言ってきた。

僕は特に反論もせず

「あー、そうですねー。」

と言って流したんです。

本人に直接言わないのに
ここで反対意見と言うか
自分の考えを言う事をお許しください。

直接言わないのは
明らかに考えが違う人に
自分の意見を正しいんだと主張しても
絶対に通じないと思うからです。

僕がSNSやショップで自分の顔を出すのには理由があります。

それは

他のショップとの違いを出す為です。

言葉を変えると独自化。

差別化という似たような言葉もあるけれど
独自化は少し違う。

差別化と独自化はどう違うのか?

端的に述べられているサイトがありますので引用紹介させていただきます。

他社との違いを打ち出すのが戦略です。
その打ち出し方には、2通りあります。
一つは、非競争を前提とした独自化戦略。
もう一つは、競争を前提とした差別化戦略です。
差別化も「そこまでやるか?」と他社に言わせるまで徹底すると独自化の領域に入っていけます。
なお、独自化は戦略(意図)的に進めるものであり、差別化は組織能力(とくに現場力)に負うところが大きいと考えてください。

藤屋ニッチ戦略研究所 株式会社

ここで書かれているように

独自化:非競争を前提として違いを出す戦略
差別化:競争を前提として違いを見せる戦略

という事なんです。

SNSでもショップでも
お店の店長、スタッフが顔を出す事は
他店との違いを出す為のものです。

顔は皆さんそれぞれ違います。
個性があります。

優しい笑顔で安心感を生む。
真面目な表情で信頼される。
楽しそうにしていると人が集まる。

顔を出す事で得られるメリット
顔を出さない事で得られない事があります。

僕は前者を選んだと言う事です。

もちろん違う考え方もあります。
僕はそれについて反論するつもりはありません。
顔を出したくない人が嫌々出しても仕方ないし
それでもし町で声をかけられたりしたら
嫌な思いをするかも知れませんからね。

僕がショップで買い物する時も
「人」は重要な要素になっています。
そういう人は価格や品質だけで選ぶことはありません。

もちろん価格は安い方がいいですよ。
品質が最高の商品を買いたいですよ。

でもね

あなたのお店は価格で選ぶ人に
買ってもらう事ができますか?

あなたのお店は品質で選ぶ人に
必ず選んでもらえますか?

もしそうなら
顔出しをしなくても大丈夫です。
自信をもって売ってください。

でも世の中には
あなたのお店の商品と同じくらいの価格で同じくらいの品質の商品が沢山あります。

その中でお客様は
選ぼうと思っても選べない事があります。

だから他の部分で選ぶんです。

その一つが

顔です!

顔に自信が無いとか
笑顔がぎこちないとか

色々と言う人がいますが
そんなのは殆どの人がそうですよ。

僕だって顔に自信なんかありません!
笑顔だって引きつってます!

でも実際、僕の顔を見て
安心して買ってくれる人も少なくないんですよ。

あなたの顔はお店の顔です。
自信が無くても
ぎこちなくても

こんな人がやっているお店です!

これだけで
他のお店とは違いが出ています。

さらに
自分の好きな事や
楽しいことをどんどん取り入れる。

そうすると
同じ商品を売っているお店があっても
あなたのお店から買いたい
あなたから買いたい
そう言ってくれる人が必ず出てきます。

僕は押しつけはしません。
でも、どちらが良いですか?と聞かれたら
躊躇なく

顔出ししてください!

と答えます。

良かったら参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。