BASEでの販売に苦労しているひとにやって欲しい事

Pocket

週末は全国的に暑くなったようですね!

我が家はとうとう僕が重い腰を上げて「エアコンの掃除」を敢行しました!

エアコン掃除で外装もピカピカ!

まぁそんな大した事でもないんですが、

やるとなると「年末の大掃除」「確定申告」並みに面倒なもんです。

どれも「普段からやっておく」と何でもない事なんでしょうねぇ。

でも人間と言うのは大体そんなもの。

期日を切る。踏ん切りをつけるっていうのはそういう意味では大事な事なんだと思います。

さて、ブログ行きます!

BASEの集客に苦労しているお店にオススメしたい事

売れてますか?

BASEでの販売。

僕の周りでは、ちょこちょこ売れるようになるまでに少し時間がかかったり、大きな売り上げにはなかなか結び付かないと言う声を聞きます。

でも、特にBASEだけがそうだと言う事ではありません。

ネットショップをオープンすれば、どこでやろうと同じような問題は多かれ少なかれ発生します。

でも、BASEをはじめ、簡単に始められる媒体を活用している人にはそれなりの傾向があるような気がするのです。

BASEでオープンするメリットとデメリット

BASEやStores.jpなど、無料でネットショップを始められるツールが出てきたことで、出店にかかるお金を気にせずお店を始められるようになったと思います。

「簡単に始められる事」

これはすごくイイことです。

出店経費が少なくて済むと言うのは本当に大きなメリットです。これまでお金が無くて諦めていたような人も、主婦や学生でさえスタートラインに立つことができます。

でも、その反面苦労する事が出てきます。

「圧倒的なライバル数」

に埋もれる可能性が高くなること。

「猫も杓子も」と言っては語弊がありますが、あなたが簡単に始められたように、他の人もスタートしやすくなっています。同じような人、同じような商材がBASEなどのプラットフォーム上にあふれかえる訳です。

このデメリットによって、あなたのお店や商品がなかなか見つけてもらえない事になっているんですね。

どうやって違いを出すのかを考える

「簡単にできる事」でライバルが多くなってしまう。

ではどうやったらそこから抜け出す事ができるんでしょう?

答えは簡単ですよね。

その逆の事をやればいいんですから。

「なかなか出来ない事」をやる。

人がやりたがらない事や、続かない事に取り組む。

頭を使う、労力を使う。時間を使う。

そうする事で「お金をかけずに違いを出す」事ができます。

お金をかけるなら書けても良いですが、それならお金がかからないBASEでやる意味も特にありませんから、楽天市場などに出店する方法もありますよね。

僕が勧めるのは「お金をかけない方法」です。

そんな「お金をかけずにBASEでライバルに差をつける方法」

明日のメルマガで書いていきます。

これからハンドメイド商品を売っていきたい方や

まだまだ売上が少なくて苦労しているネットショップの方にも有意義な情報になると思います。

お楽しみに!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森美明/モリヨシアキ
ネットショップの専門家、コンサルタント。コンサルティング歴20年。楽天市場、ヤフーショッピングなどのEC/ネットショップを120店舗以上指導。中小企業庁ミラサポ専門家。阪神タイガースを熱狂的に応援。奈良県香芝市在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です