BASE

BASEで売れない人はどこで売っても売れない

「BASEは売れないです」
そう言って早々に諦めた人が僕のお店を見て驚いている。 特に驚くような売上では無いのだけれど、とにかく予想外だったようで感心さえしているようだった。

その人は楽天市場でお店を運営している。
BASEで売れないというのは楽天市場では売れているのにBASEでは売れない。だからBASEはダメだ。そう言っているように聞こえる。

果たしてそうだろうか?
もしかしたら、BASEで売れないのが本来の実力であって、楽天市場で売れているのは偶然か、もしくは楽天市場というモールのお陰でしか無いのではないか。いや、もしかしたらではなく確実にそうだよね。

批判を恐れずに言うと
つまり、BASEで売れないと言う事は「お店として売る実力はないんです」と、自ら宣言しているに等しいと僕は考える。本当に売る力があれば、BASEでも売れて、楽天市場でも売れる。ただ、どちらで売るかを選ぶのは自由ではあるし、どちらも選ぶという考えもあるのです。

恐らくその人は、ヤフーショッピングでも売れないし、自社サイトならどうしようもないのではないかと推測する訳です。

「いや、そんな事は無い。広告を買えばお客様は来てくれるし転換率の高低はあっても売れるようには出来る。」そんな風に言うかも知れないよね。

しかし、それはおかしな話なんだ。
広告を買えば売れるのであればBASEも同じ事なはずだから。つまりやればできる事があるのにBASEで売れるようにする気が無いだけなんだと思う。

全ては思考が「楽天市場ありき」になっている。
これが「BASEは売れない」と言っているこの人の「根本」にあるのです。

この人は自ら答えを持っている。
「広告を買えばお客様は来てくれる」という答えを。それなのに何故買わないのかというと、先に行った楽天市場が頭にあるからですよね。楽天市場が集客できるシステムであると思っている。確かにその通りなんだよね。

しかし、その集客システムにお金を払っている事を忘れているんじゃないかと思う。毎月のシステム利用料と諸々の費用を支払っているのは正に「集客」に対しての対価であると言えるのです。

それに比べてBASEは無料で出店できる。集客にお金は払っていないから無料なのだという言い方も出来る。それならば自分が「集客にお金をかける」事でバランスが取れる事になる。

何を言いたいのかと言うと
BASEで売れないのは自ら集客にお金をかけないからで、楽天市場にはそこをお金を払って依存している事を忘れていないかという事。

集客にお金をかけるのは当たり前。

この考え方を持っていればBASEで売れないという言葉は出てこないはず。BASEで売れるのだから楽天市場ではもっと売れる。そして、インターネットで出店している自分のお店全体の売上が自分のネットショップの売上となる。

だらか
あなたが自分のお店の売上をインターネット全体で上げていきたいのなら、まずBASEで売れるようになる事。スタートするのに何のリスクもありません。ただやるのみ。ここで売れれば、あなたは自分の実力で売れるようになるんですからね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。