ネットショップ初心者

弱い犬は吠えなければならないから吠えるのです!

言葉には意味があると思っています。
普通に使っている言葉も
実は別の意味があるんじゃないかと考える時が僕にはあるのです。

例えば

弱い犬ほどよく吠える

という言葉がありますね。

これは
強い犬は決して吠えたりせず
弱い犬がキャンキャン吠えている様を見て
よく喋る人や口先で相手を負かそうとする人に
本当は強くないと揶揄する事ばだと認識されています。
まぁ、うるさいという悪口ですよね。

一応Googleでも検索してみました。
「弱い犬ほどよく吠える」とは

商売で言うと

黙っていても売れる人がいます。
犬で言えば「強い犬」です。
これは強みがあったり
誰もが認めるものを持っていたり
人が勝手に注目してくれる。
これなら
広告、宣伝、SNS、ブログ、YouTube、メルマガ、LINE
その他もろもろの道具を使って露出しなくても売れるのでしょう。

でも普通は違います。
僕らは「弱者」「弱い犬」なんです。
弱い犬は強い犬に対抗する為に
外敵を威嚇するために吠えます。
弱いから吠えるのではなく
吠える必要があるから
吠えなければならないから吠えるんです。

弱い犬が吠えなくてどうする?!

弱いお店
まだ売れていないお店は
売れているお店と同じようにしていてはダメです。
色々と真似をするのはいいですよ。
でもそれは基本的な事を真似るだけ。
同時に弱い部分を補う事が必要です。

だから吠えまくる!

このお店の存在、商品の良さを
様々なツールを使って伝える!

広告宣伝、SNS、ブログ、YouTube、メルマガ、LINE
どれをやろうか?
と考えている人がいると思います。
全部やりましょう!
え、無理ですか?
無理なら最低3つは選んでください。

僕は全部やってますが
メインはブログ、Twitter、広告です。
これは毎日やっています。
これでも少ないと思っています。
多い人はもっとやっていて
それを「当たり前」と思っています。

僕らは「大変」とか「しんどい」とか
「時間が無い」という言い訳をしますが
やる人は「やるのが当たり前」なんです。
もう殆ど趣味か遊びの領域です。
もしかしたら周りからは遊んでいると思われているかもしれません。

この当たり前にやっている事が多い人ほど売れます。

だって努力とかしんどいとかではなく
やるのが当たり前なんですから。
大変でも何でもなくやらない方が気持ち悪いくらいになる。

この人が売れます。
ただ、やっぱり最初の3ヵ月はキツイです。

失敗もするし
向いていないと思うし
結果なんか出ないし

でも、それをやり続けた人にしか結果は訪れないんです。

さぁ、今日も吠えまくりましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。