ネットショップ初心者

仕事のできない人はネットショップをやろう!

仕事が出来ない人よりも
仕事のできる人間になりたい。

それは誰でも思う事ですよね。

でも実際はなかなか難しい。
というか、仕事の出来ない人間も五万といるんです。

そして、仕事が出来ない為に会社で居場所が無くなり
仕方なく逃げ道として「自営業」始める。

なんと、それが私です!

本当に仕事が出来なかった。

どれだけ情けない奴なんだと
僕の過去を見たら絶対に言われる自信がある!
そんな経歴の持ち主なんです。

なので
WEBデザインで自営業を始めても仕事が出来ず
それをごまかすために嘘の報告をして
帳尻を合わせる為に嘘の上塗りをし
期日が来ても完成しない。
最終的にどうにもならずお客様に謝って
仕事をキャンセル。
仲間からも見放され
なんと損害賠償まで請求される始末でした。

そんな情けない自分が一体これから何をするべきか
よくよく考えてみた。

そして行き着いたのが

個人でのネットショップの運営です。

別にネットショップを舐めてる訳じゃ無い。
でもネットショップは仕事が出来ない奴でも出来るんです。

それは何故か?

仕事が出来ないのと
ハナからやる気が無いのとは違います。

やる気はあるし
いたって真面目。
外面はかなり良くて
悪い人間では無い。

ただ、仕事が出来ないだけです。

仕事が出来ない人は
プライドが高すぎます。
自分が出来ないと思われるのが嫌で
それを隠して一人で抱え込むんです。

何とか出来ればそれでいいんですが
抱え込み過ぎるとキャパオーバーになり
お客様に迷惑をかけてしまうんです。

しかし
ネットショップはどうか?

ネットショップは受注した商品を発送する。
ただただその積み重ねです。

一つの受注を処理して発送すればその仕事は終わります。
1件1件終わらせていくので
何か嘘をついてごまかす必要がありませんし
他人とスピードを競う事も無いから仕事が遅くても大丈夫です。

納期が遅れたりする場合は
都度謝罪する事になりますがそれで終わりです。
もちろん返品、返金となれば金銭的には損をするかもしれません。
でもまた次の処理に移るしか無いんです。

そうやってどんどん処理をしていく仕事なら
仕事が出来る出来ないはほぼ関係ありません。
バイトだって子供だってできます。

どうです?
仕事が出来ない人だって大丈夫でしょ?

しかし

ただ、一つだけ問題があります。

売れたら毎日受注処理をすればいいのですが
売れなければそれが出来ません。

売れるかどうかが大きな問題なんです。

「やっぱり仕事が出来ない人間はダメなのか」

そう思ったあなた!
そうじゃない。
だって
仕事が出来る人間でも売れない人は沢山いるんだから。

仕事が出来るから売れる訳でも無いし
売れたから仕事が出来る人と言う事もない。

売れるか売れないかは
売り方を知っているかどうか

これだけなんです。
本当ですよ。

過去の自分はどうでもいいんです。
もう過去は変えられませんよ。
変えられないものはどうしようもない
だから
未来をどう変えていくかが問題なんです。

ネットショップなら出来ます。
未来を変える為に。

さて、僕も注文を増やさないとね!


ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。