ブログ・WEBサイト

毎日ブログを書けば売れるのか?

ネットショップをやっている人が

何をすれば売れるようになれるのか?

その答えは

やってみなければわからない!

というのが正解だと思う。

SNSをやって売れた人もいるし
YouTubeから売れたという人もいる
広告やらないと売れないという人もいれば
一切何もしていないのに売れたという人だっている。

その人の正解はその人、その店のものであって

誰にでも当てはまるものでは無いのです。

でも何をやるにしても検証が必要で

今回僕はこのブログを「出来るだけ毎日」書こうと頑張っています。

題して「独り365日ブログ更新企画」です。

まだこの企画は4月にスタートしたばかりで

しかもスタートした翌日にいきなり挫折!

3日坊主どころか1日坊主というこれ以上ない惨めなスタートを切ったのです。

そこから隔日くらいでなんとか繋ぎ

「これはまだウォーミングアップ中やから」

という訳の分からない言い訳を心の中でつぶやきながら

5/11~5/20まで10日間の連続更新を達成しました!!

まぁこれくらいは誰でも出来るわなぁ。

一応目標は365日なんやけどね。


<このブログを書いている人>

全国の売れないネット通販店のミカタ。
落ちこぼれEC店主を救うおじさんトレーナー森です。
普段は三児の父&タダのおじさん。

ネットショップの集客、売上アップについてのノウハウをつぶやいています。

ブログを書けば売れるんですか?という質問に答える

この「独り365日ブログ更新」という企画を始めたのには

あるキッカケがある。

先日、どこの誰だかわからない人から質問が来た。

この過去記事を読んでくれた人だ。

「ブログを書いて本当に売れるようになるんでしょうか?」

まぁこんな質問はたまにある。

一々構ってられないと思った時は当たり障りのない返事で「頑張れば売れますよー」と返す。

この時もそう言っても良かった。

しかしたまたま虫の居所が悪くイラっとした僕はこんな返事を返したのだ。

ブログを書けば売れるかと聞かれたら

売れるかもしれないし、売れないかも知れない。

でも、考え方として

「ブログの記事ページ」も

「ショップの商品ページ」も

ネット上のページを誰かに見てもらえるようにする

という意味では同じである。

だから

人に読んでもらえる記事を書けるようになるという事は

人に欲しいと思ってもらえる商品ページを作れる事になる。

つまり

ブログを書けば売れるというよりも

より魅力的なページ作りの訓練が出来るのです。

本当かどうか

それを知りたいのならブログを書いてみてください

魅力的な文章を書けるようになったらブログのアクセスは上がります。

そしたら商品ページを書き直してください。

きっとあなたの商品の魅力が多くの人に伝わるページになると思います。

やるかやらないかはあなた次第です。

頑張ってください。

どうですか?

インターネット上にあるページを見てもらう事っていうのは結構難しい。

検索されれば上位に表示される必要もあるし

表示されてもクリックしてもらえないと読まれない。

様々なハードルが存在しているからクリアするのも難しい。

ブログを書いても売れない人は

このハードルにスタートしてすぐひっかかり

地味にこけてしまう。

で、諦めてしまう訳なんですよね。

ただ自分も実証しなければならないと思ったから今やってる訳です。

インターネットで多くの人の目に触れるようにする方法

ブログ記事であろうが、ショップの商品ページであろうが

同じ1ページであるハズ。

それがどのような経緯で人が見てくれるのか?

これはブログを書けばわかる。

タイトル、写真、文章、キーワード、書き方、権威性、証拠、引用、信ぴょう性

様々な要素がページの質を高めるパーツとなって組み合わさる事でランクが上がる。

ランクが上がる事で一人でも多くの人の目に触れて

その人の心を動かす事が購買に繋がる。

ブログを書けば売れるのか?

売れるでしょう。

間違いなく売れる。

人の心を動かすページを作れるようになるんだから。

何でも自分でやってみないとわからんよ。

以上!

今日もブログが書けました。

良かった!

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。