売上アップ

なんで手段を選ぼうとするんですか?

今日、メルカリで2つの商品が売れたー!

一つはいらなくなったイヤホン。

ワイヤレスで左右でワンセット。
これを右側だけ紛失してしまった。

片側だけで出品したら売れました。

SONYのワイヤレスイヤホン 片側だけで売れましたー!(^^)/

そしてもう一つは木製の雑貨。
いつもBASEで売っている奴です。

これはBASEでも売っている商品

メルカリは手数料高いけどお客様の活気があるから売りやすいよね。

まぁ、値切られるから利益はさらに低くなるのがね。

それでも売れないより全然いいと僕は思っています。


<このブログを書いている人>

全国の売れないネット通販店のミカタ。
落ちこぼれEC店主を救うおじさんトレーナー森です。
普段は三児の父&タダのおじさん。

ネットショップの集客、売上アップについてのノウハウをつぶやいています。

メルカリで売るのダメなの?

インターネットで売る。

これをやる時にまず「お店を作る」ことを考える人が多いと思う。

楽天市場、ヤフーショッピングをはじめ

自社サイトやBASE、STORES、Shopifyなど

ともかくお店を作って商品を並べるのがネットで売る最初にやる事だという認識がある。

でも僕にはそれが無いんですよ。

固定観念を外すと楽に売れるよ

インターネットで売る。

これはお店じゃ無くてもいいって事です。

メルカリで売るのも全然いい。

出品したら1週間以内に売れるスピード感。

出店して商品を並べて待っていてもそのままだったら1ヵ月以上売れない事なんてザラですからね。

あと、ブログで売ってもいいよね。

ブログの読者に商品を紹介したら買ってもらいやすい。

だって読者って事は「ファン」だから。

ファンに商品を紹介したら買ってもらう確率はかなり高くなるのは当たり前です。

SNSでも売っている人がいる

Twitterはどうかわからないけど

FacebookやInstagramは売る事を前提にした取り組みも普通にあります。

BASEやShopifyはInstagramと連携すれば購入ボタンを付ける事もできる。

売れる媒体は何でも使う。

これくらいの逞しさが無いとネットではなかなか売れないかも知れない。

正攻法でやるのも良いけど

売る人は何を使ってでも売るものです。

こうじゃ無いといけないなんて誰も決めていないからね!

僕はメルカリお勧めです!!!

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。