ショップの運営

ショップを立ち上げると寄ってくる人達は相手にしない!

ネットショップを立ち上げると

知らない人からメールや電話が届きます。

そのほとんどが

「営業」です!

投資やら何とかペイとかね。

届いて欲しい人には届かず

届かなくていい人に見られる。

全然嬉しくないよね。

今日はそんな話。

美味い話を持ってくる人には注意が必要

あなたがお店をオープンさせることで

今まで全く関係の無かった人があなたに近寄ってくる。

すでにそんな経験をした人がいると思う。

ショップ運営を続けていればそんな事が当たり前になってくるけど

スタートしたての頃は

「お客様から連絡来たかも!」

と、届いたメールを開いてみたら普通に営業だと滅茶苦茶がっかりするよね!

忙しければ「ハイ次!」と切り替えも早くなるけど

売れなくて暇だからつい期待して見てしまうから余計に腹が立つ!!

営業と分かれば断ればいいんだけど

注意が必要なのは

凄くこちらにメリットがある話を持ってくる人がいる場合。

これ、後でも話すけど

ほぼ確実に自分の利益しか考えていない人が多い。

例えば「無在庫で売ってみませんか?」と言った話。
(基本的に無在庫はやらないほうがいい)

在庫を持たなくていいのは有難いけど

利益率が低かったり

対応が悪かったりと

売れたのに商品が無かったり(最悪!)

僕なんかはあまり良い体験をしたことがない。

大体、そんな都合のいい話を向こうから持ってくる時点でおかしいよね。

簡単に話に乗ったら嫌な思いをするだけです。

仲良くなってから利用してくる輩

お店が売れてくると色んなことを言い出す人が出てくる。

「これを売らせてやるから俺にも卸してくれない?」

実際に僕も言われたことがある。

いや、そんな商品売りたくないし。

あなたがこの商品を狙ってるだけじゃない。って。

仲良くなってからだと断り難くて大変なんですよ。

結局そこで友達無くしたりするんだけど

自分の有利な話を持ち掛け

それを断られたことを根に持って付き合い辞める

そんな奴とは付き合い辞めてもOKですよ。

面倒くさい暇人とは付き合わない

あとね

メリットとは全く考えていないんだけど

無駄に時間を奪う人もいる。

こちらは忙しくしているのに

突然やって来ては色々と話を始める人。

電話の人もいますね。

とにかく僕なんかは

こちらの時間を奪われるのが滅茶苦茶嫌です。

百歩譲って週一くらいならいいけど

とにかく時間は自分の財産だから。

その時は子供や家族に手土産くらい持ってきて欲しいね!笑

ダラダラと書いたけど

とにかく

自分で商売を始めたら色んな人が寄ってくるし

色んな誘惑もある。

これを断ち切ってやっていく事です。

甘い言葉に乗ってしまったら後で後悔する。

僕は多くの失敗をして今日に至ります。

皆さん甘い言葉には気を付けてくださいね!

では!

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。