ショップの運営

利益率50%以上の商品を販売する方法

これまで色んなお店に携わってきて感じる事があります。
それは

利益率が低い商品では
売れても続かない

という事です。

例えば
スーパーデリバリー
NETSEA
のような
ネットで様々な商品を仕入れできるサイトがあります。
とっても便利なので僕も使わせてもらった事があります。
仕入れが簡単に出来るという意味では素晴らしいサイトですよね。

で、早速中身を見でみましょう
今回は「NETSEA」からこの商品。

パナソニック N-W2 センタクソウクリーナー(ドラムシキセンヨウ)

このような生活用品、消耗品というのは
リピートされる事が前提なのでとってもオススメなんです。
気に入ってくれたら無くなればまた買ってくれるんですから。
皆さんも売るならこういう商品を売った方がいいと思います。

ただし

この商品は

卸価格 
1,117円(税抜)となっています。
メーカー希望小売価格が
1,600円(税抜)なので
掛け率は69.9%
ほぼ70%です。

利益率が30%ですが
ここに仕入れにかかる送料や手数料があり
販売するにも送料や梱包費用がかかります。
ですのでざっくり25%以下の利益になります。

さらに広告費として10%とすると
利益率は15%程度です。

この計算でいくと
100万円/月の売上としても利益は15万円
その他の経費を考えると自分の給料が出ませんね。

これでは商売とは言えませんよね。

しかもこれは
売れればという仮定の話ですから
売れなければ在庫を抱えたまま
仕入れ代金と広告代諸々がそのまま赤字になってしまいます。

そんな経験を色々とやっていると
こう言う考えに至ります。

やっぱり
オリジナルの商品を
在庫を持たず受注後制作したい!

これなら自分の時間と労力と材料費だけで済みます。
目に見える費用は20%以下です。
ただ、そのオリジナル商品を作る機材への投資が必要になります。

木材や革製品、金属の加工機材は
安くても50万円程度
業務用なら200万オーバーも当たり前です。

これを減価償却しながらか
リース、ローンで支払いながら
経費計上する事になると
数か月は赤字経営になるのは仕方ありません。

それでも売れるとなれば
やってみる価値はあります。

僕の商品はそんな商品を扱っています。

オリジナル商品は本当にお勧めです。

お金を借りてでも機材を買えば
後は広告を回せば売れます。
少々広告費の比率が高くなっても
利益率が高いので大丈夫なんです。

もちろん
広告費を掛けなくても売れるお店なら
仕入れが高くても続くかもしれません。
それはあなたの運営方法次第です。

僕はそんな高い仕入れではとてもやっていけません。

仕入れ原価は最低50%!
これが今の僕の考え方です。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。