お客様に来て貰うには「これ」が絶対に必要!

Pocket

最近、AppleMusicのサブスクリプションを申し込みました。

それまではずっと音楽はAmazonミュージックで聴いていて

Amazonプレミアムの会員だから結構な曲数を聴けていた。

でもね

実は昔から「音質」にこだわる方で、若い頃はオーディオを揃えたりしていた。

だから音には結構ウルサイ!

で、そのAppleMusicなんですが

昨年から「ハイレゾロスレス」という「CDよりも高音質」で聴けるようになった。

Amazonミュージックでも聴けるんだけど、僕にはAppleMusicの方が良い音に感じる。

だからもうこちらを選ぶしか無かった。

まぁ、嫌なら途中から変えればいいだけなんだから。

ちなみに月額980円で、9000万曲をストリーミングで聴き放題!

もうCDを買っていた頃には戻れません。

スゴイ時代です。

今はこんな曲を聴いています!笑


<このブログを書いている人>

全国の売れないネット通販店のミカタ。
落ちこぼれEC店主を救うおじさんトレーナー森です。
普段は三児の父&タダのおじさん。

ネットショップの集客、売上アップについてのノウハウをつぶやいています。

お客様はあなたのお店を忘れる

お店をやっていると

何だか知らないうちに

自分のお店を気に入ってくれる人が現れる。

BASEアプリだと

「お気に入り」に入れてくれたりするからそれが分かるんですよね。

これって、めちゃくちゃ嬉しい事です!

でも

一方で、とても不思議な気持ちにもなる。

「なぜこの人はこのお店を気に入ったのだろう?」

「お気に入りに登録して次は何を期待してくれているのだろうか?」

お客様の行動を気にして

それを分析すると

自分のするべき事が段々見えてきます。

お客様の心理を具体的に考えてみると

「お気に入りに入れるって事は忘れないように印をつける」って事になる。

そうする事で

二度と見つける事が出来ないという危険性が少なくなる。

お客様はそうやって

「機会があれば買いますよ」

という姿勢でいてくれるんですね。

でも、お店としては

悠長に待っていれば必ず来てくれるのだと思わないほうがイイ。

えてして放っておくと

待てど暮らせど来てくれない状態が続くもの

いつ来てくれるのかわからないのが現実で

そのうち忘れてしまう人が殆どなんですよ。

それが現実です。

こちらからキッカケを作る

ではどうするか。

お客様に「お知らせ」をする必要がある。

忘れてしまっていたお客様に思い出してもらうのです。

お知らせの方法はいくつかあります。

お気に入りに入れてくれたお客様はもちろんですが

メールマガジンに登録してくれた人

LINEに登録してくれた人

などなど

こちらからメッセージを送る事が出来る様になっている事で

お客様に「お知らせ」を送る事が出来ます。

商売で重要なのはここです。

多くの売れているお店はこれに力を入れています。

とにかく

お店に興味を持ってくれた人の名簿を作る事です

これさえ出来れば「お知らせ」を送る事が出来る。

方法はいくつかあります。

「クーポンを発行して会員になってもらう」

「セールで一度買ってもらう」

まずはお客様に得してもらう。

当然お店にとっては損です。

一時的には。

この一時的に損をしてお客様を集める

という事をやれば名簿の数が増える訳です。

それが

売上を作る財産になるという事ですね。

まとめると

忘れているお客様にお知らせしろ!

その為にリストを作れ!

こう言う事です。

公式LINE作りました!質問受け付けてます!

公式LINEに参加すると無料で「あなたのネットショップが売れる10か条」PDFをプレゼント!

登録はこちらをクリック!
下記のQRコードをスマホで読み込んでください。
お待ちしております。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森美明/モリヨシアキ
ネットショップの専門家、コンサルタント。コンサルティング歴20年。楽天市場、ヤフーショッピングなどのEC/ネットショップを120店舗以上指導。中小企業庁ミラサポ専門家。阪神タイガースを熱狂的に応援。奈良県香芝市在住。