ネットショップ初心者

超後発!今からネットでパワーストーンを売る方法を考える

ネットショップというものが
世に現れて何年になるでしょう。

<参考記事>
日本にネットショップが生まれた1990年代後半。楽天市場やYahoo!ショッピングも誕生

この記事によると
日本では1993年家電量販店のデオデオが最初とか
翌94年、エーデルワイスファームが日本で初めてネットで商品を販売したとしてNHKから取材を受けたとかいう説があるらしいです。

楽天市場は1997年にスタート

かれこれもう25年以上が経つということになります。

その25年間で本当に色んなお店がネットショップをオープンさせました。
スタート当初は自分の経験からも
すでに実店舗を持っている会社やお店が
時代の変化を見据えたり
店舗運営が苦しくなるなどして
ネットショップを運営しだしたように思えます。

さらに
新規オープンを考えるに当たり
実店舗では膨大な資金が必要なのに対して
ネットショップはその経費がかなり抑えられる。

それでもその当時は
新規オープンにはそれなりの投資が当たり前だったから
ネットショップを作るだけでも数百万円請求されたりもしていましたね。

それが今や無料で出来る時代なんですから
時代は変わってきたと実感します。

さて。

そんな時代の移り変わりの中で
どんどんネットショップは増え続けています。

誰でも簡単に始められる事から
扱いやすい商品や
実際に売れている商品
在庫の場所を取らず
比較的仕入れやすい

そんな商品でショップを始める人も目につきます。

僕がこれまでよく相談を受けた商品に
「パワーストーン」があります。

昨日
パワーストーンを売るにはどうしたらいいですか?
との質問があったのでそれに答えますね。

これ、一時は本当によく流行っていました。
芸能人でも多くの人が腕に着けていたりして
ネットでも結構売れて成功するお店がありました。

もう10年以上前の話です。

それでも
扱いやすい商品や
実際に売れている商品
在庫の場所を取らず
比較的仕入れやすい

という点から
始めて間もないパワーストーンショップから相談を頂く事があります。

さて、
皆さんはこれからパワーストーンを売るというお店に対して
どんなアドバイスをしますか?

  • どこよりも安く売る
  • 付加価値をつける
  • どこにも無い効果をうたう
  • 芸能人、有名人が使用
  • 初期投資を注ぎ込む

まぁ、ありきたりですよね。
実際問題
個人レベルでは出来ない事がありますしね。

すでに確立された市場の中で
あのお店が売れているから自分も売れる
そういう考えで始める人も多いのですが
実際はそんな甘くはありません。

人は「売れているお店から買いたい」という心理があります。
失敗したくないんです。
安心を求めている人が多いんですね。

これはネット特有の心理でもあります。
実物を手に取って見る訳ではないから
信頼できるお店を探す事になるんです。

その信頼はどこにあるかというと
やっぱり「実績」になります。

実績は
売れた実績
お客様の声

が二本柱です。

始めたばかりのお店が
数で勝負しても勝てません。
かと言って
内容でも恐らく勝てません。
それ程実績が違うんです。

ではどうするか。

僕がもしパワーストーンを買おうとするなら
まず
検索で探します。
お店はとりあえずこれはクリアしなければなりません。
出来立てのお店には辛いところですが
頑張るしかありません。
ただし、僕の場合はよっぽど気に入らない限りそれですぐ購入とはなりません。

しばらく探していると
広告なども目にするようになるでしょう。
そうやっていくつかの候補を選びます。
写真は凄く重要ですね。
やっぱりパワーストーンを選ぶなら
見た目の印象は大きいですから。

でもね
僕には大きな不安があるんです。
それは
届いてみたら写真と違う
という可能性です。

掲載写真がいくらキレイに見えても
それは加工だったり照明の加減だったり
液晶のお陰だったりするんです。

さらに
ブレスレッドならサイズ違いが考えられます。
予め自分でサイズを計るのが鉄則だと思いますが
それでも間違いや認識のずれで大きさが合わない事があると思ってしまう。

お見せにはそのような不安を解消して欲しいし
不安のないお店から買いたいですね。

だから

これからパワーストーンを売るのなら

広告は必須
写真は絶対にキレイに撮る
動画も併せて撮影する

そして

目玉はこれ!

全品返品交換OK!
返品交換にかかる手数料は無料!

これで行きます。

これね、
本当に全品返品されたらどうするんだ!
とか
無料で交換していたら利益が出ない!
と言う人が必ずいます。

でもこれって
他にやっているお店が無かったら
大きな宣伝になるんです。
つまり

返品、交換にかかる費用は
宣伝広告費という訳です。

宣伝広告費で利益を出すなんて話はありません。
これはお客様にお店を知ってもらう費用です。

気に入らなかったら返品交換できる
しかも無料で!

この安心感で売っていきます。

商品の品質なんて良くて当たり前です。
どこで買ってもそれ程変わらないですよね。

それなら
商品とは違う所で差を出さないといけない。

この案はあくまでブログ上の提案レベルです。
無理というのなら
他の方法を考えて下さい。

やるかやらないかは
あなたの自由です!

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。