SEO・アクセスアップ

文房具屋さんが圧倒手的に万年筆を売る方法

あなたはブログを書いていますか?

僕は書いています。

ブログを読んでくれている人は知ってるよね!

このブログ

何で人に見られるようになっているか分かりますか?

それは

「検索したら出てくるから」

ですよね。

僕のブログだけじゃなく

他の人が書いたブログだって

ほとんどが「検索」されて見てもらえる。

これがブログを読まれる道筋ですね。

いや、これはブログだけじゃない。

これはネットショップだって同じなんです。

今回はそんな話

<このブログを書いている人>

全国の売れないネット通販店のミカタ。
落ちこぼれEC店主を救うおじさんトレーナー森です。
普段は三児の父&タダのおじさん。

ネットショップの集客、売上アップについてのノウハウをつぶやいています。

あなたのお店はどうやって検索されるのか?

僕は多くの人にブログを読んでもらいたいと思っている。

だってそれが自分の仕事

つまり収入に繋がるから。

読んでくれた人が僕を知ってくれて

僕が何をやっている人間なのかを理解し

気に入ってくれた人が

僕に仕事を依頼してくれる

その為にはまずこのブログを読んでもらえるように考えないといけない。

このブログを検索してもらう為に僕がやっている事を書くと

1:毎日更新している

2:自分は誰で何をしているのかを書く

そして

3:記事のタイトルで検索されるように考えてキーワードを入れる

という事。

これ、いわゆる「SEO対策」って言う奴です。

他にも色々やる事はあるんだけど

SEOばかりに気を取られると書きたい事が書けないからこれくらいにしている。

ではあなたのお店は一体どうすれば検索してもらえるのかを考えてみる。

あなたのお店のページも

僕のブログも

どちらも同じ「インターネット」上にある。

だからたどり着く方法も

来て貰う方法も同じって事。

一応書いてみると

1:毎日更新する

2:自分のお店と商品に対する想いを書く

そして

3:商品名に検索して欲しいキーワードを入れる

そんなの知ってるって?

まぁ知っている人もいると思うけど

この間とんでもないお店を見たから

分かっていない人もいるのは間違いない。

文房具屋さんが万年筆を売る為のキーワードを考える

文房具屋さんが

商品名に

「○○製 万年筆」

と書いて売っている。

これって検索されると思うかな?

どのお店も同じだとしたら

一体何番目にあなたのお店の商品が出てくる?

恐らく○○製の万年筆を扱っているお店は100を下らないよね。

だったら100番目にしか出てこない可能性は十分ある。

でも

あなたがこの万年筆の高級感を気にいっていて

「社長の風格 経営者用 ○○製 万年筆」

と書いたらどうだろう?

このキーワードで検索されて出てくるとしたら

かなり早い段階で出てくるんじゃないかな?

いや、1回やってみよう。

実際に「経営者用 万年筆」で検索してみてください。

上位に出てくるのは万年筆のメーカーや

まとめサイト、雑誌の記事の紹介など

細かく見てみると

どこにも「経営者用」という言葉は入っていない。

だからあなたの商品がもし

「経営者用」と商品名に入っていたら

もしかしたら1位に出てくる可能性だってある。

もちろん、誰もそんな言葉で検索しないかも知れない。

でもね

売れる商品って言うのは必ず

「キャッチコピー」で売れるんです。

広告だってそうでしょう。

Facebookの広告に「経営者用」と記載しておけば

ちゃんと経営者の人のタイムラインに広告が出る。

AIが経営者を探してくれるからね。

そして経営者がそれを見る。

「これ、自分用だ!」

そう思ったらクリックするでしょう。

そして気にいったら買ってくれるはずでしょう。

あなたが商品を売るために必要な事は何か?

それは

SEOでも無ければ

広告の買い方でも無い

商品のキャッチコピーを考える事

これを勉強すれば

あなたの商品は検索されるし

広告を出せばクリックされる。

そしてそれが売り上げに繋がる。

今日はこんな感じです。

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。