あなたに聞いて欲しい独り言

人の悪い所を叩く人も、叩くのはダメだと叩いている人を叩くのも同じ事をやっているんです。

ヤフコメって知ってますか?

ヤフーコメントの事なんですけど
ヤフーのニュースや記事などにコメントを書く機能があるんです。

ブログやSNSでもありますよね。
その投稿に対して思う事、感想を多くの人が書いています。

僕は主に阪神タイガースのニュースを見るので
スマホでは阪神の関連記事が沢山出てきます。

で、その記事には沢山のコメントが付いている。
僕もそれが気になって読みます。
主に「自分と同意見のコメント」を見たいと思って見ています。
でもそんなコメントは実に少ない。

負けた時には

監督の采配
ミスをした選手
チャンスに打てないバッター
打たれたピッチャー

それらを叩く人がメチャクチャ多い!

本当に多いです。

でね、それを見たら僕は気分が悪くなるわけです。
そのコメントをしている人の事をSNSで書いたことがあります。

「叩く奴は阪神ファンじゃない!」
「阪神は好きだけど阪神ファンは大嫌いだ!」

実際に書いたんですよ。

でも僕は後でその投稿を消した。
だって、僕も同じ事をしていると思ったから。

叩いているんですよ。
自分の意見と違う人を見て違うだろ!と言ってる。

それって
ヤフコメで叩いている人と何が違うのか?って事です。

僕は最近そんな風に考えて
人を叩いているコメントが多い「ヤフコメ」は見ていません。
見たらやっぱり気分が悪くなるし
そうするとやはりどこかで反論を言いたくなるから。

基本的に誰かの悪口は言わない事です。
それは自分に返ってきます。
多くの人は自分が悪口を言っているとは思っていません。

「自分は正しい事を言っている」

そう思っている人が殆どなんです。
だから「正義の味方」になって悪を懲らしめたくなるんですよね。

この方は孫「正義」さん

自分以外の意見って「悪」でしょうかね?

「悪」ではなく「違う」だけの場合が殆どですよね?

そりゃ、凶悪犯罪や社会的に許されないようなニュースもありますから
それを見たら気分悪いし、犯人は「悪」なんでしょう。

でも
それでもです。
叩くって言うのは控えた方が良いと僕は思います。
「善と悪」という構図を作ると自分が「善」であり「正しい」「正義」となってしまうんです。

今日はちょっと哲学的?な事を言ってしまいました。
こんな事を書いている時点で
自分は「善」と思っているという事なんでしょうね。

まだまだ修行が足りません。

今日はそんなところです。でわ!

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。