お客様の声・事例

売りたかったら証拠を出せよ、証拠を!!

あなたのショップ

調子はどうですかー!

今ちょうど楽天スーパーセールの真っ最中ですね。

これで忙しくしている楽天店舗さんもいらっしゃいますし

あまりその恩恵に預かっていないお店もあります。

僕がアドバイスしているお店は

お陰様で忙しくされているようで良かったです。

でも、

そうでもないんよ

という報告もあって

やはりお店によって違いがあります。

まぁ、売上と言うのは今日何かやったから明日売れるというものでは無くて

やはり積み重ねなんですね。

だから今回のセールの結果が出ていないお店は

明日の売上を気にするのではなく

次回のスーパーセールに向けて対策を練っていく事が大事です。

頑張ってください。

さて

今回は「証拠の重要性」について書いてみます。

売れない理由はお客様を「迷わせている」から

あなたのお店に来たお客様が

商品は気に入ったけど迷っているとします。

これは何故なんでしょうね?

1:もう少し調べてから買いたい
2:他にいい商品があるかも知れない
3:もっと安い商品が見つかるかも

色々あると思いますが

絶対そうだと言い切れる理由があります。

それは

「今すぐ買うと決めるだけの理由が無い」

という事です。

お客様は買おうか買うまいか迷っています。

もしあなたの商品ページを見た人が

「これなら今すぐ欲しい!!」

と感じたとしたら

もう迷うことなく絶対に買い物カゴにいれますよね。

でもそこで迷う人が殆どなんです。

その理由を書いていきましょう。

証拠を出す

お客様は失敗したくないんです。

だから「失敗しない根拠」を出す。

つまり「ここで買っても大丈夫だよ~」という証拠を出してあげるんですね。

それが

レビュー

だったり

お客様の声

なんですね。

このレビューは内容も大事なんですが

まずは「数」が必要になります。

数が「売れた指数」であり証拠ですから。

これは「バンドワゴン効果」という心理で

他の人も買っているという安心感を生みます。

誰が言っているのか

いきなりレビューを増やせと言われても難しいお店もあるでしょう。

この場合は

スゴイ!と言われるような人の推薦が効果的です。

「スゴイ人」と言っても

何も芸能人や著名人にお金を払うような

大手企業の真似をする必要はありません。

(出来るのならやってもいいけどね!)

例えば身近にいる学校の先生とか○○の専門家とかね。

信頼できる人の声は信頼に値すると言う訳。

これも心理学でいうと

「ハロー効果」ってやつです。

お客様の心理って大事ですよね。

森のアドバイス事例から見る

僕がアドバイスした例では

果物農家であれば、他の農産物を生産している農家さんの推薦や

その食材を使っている飲食店さんの推薦を載せたことがあります。

これって結構効果的なんです。

農作業のプロが

「ここは間違いない!」

と太鼓判を押しているんですからね。

あと

テレビ番組やニュースで紹介された事例もあります。

これも取材を受けたら必ずショップサイトに掲載しておく事が重要です。

昨年もニュース番組「キャスト」でお客様が紹介されました!

金魚すくいドットコム

テレビ通販の事例から見る

テレビ通販を見ていると

「野菜ジュース」を売るのに

有名料理人の証言を集めたり

お味噌汁を売るのに

料理人や料亭のおかみさんを集めて「美味しい!」という声を集めたりね。

嘘かホントか知らないけど

とにかくこれが

「証拠」として扱われて

本当に美味しい!

とか

本物ですよ

と見せている訳です。

まとめると

人は証拠を見せる事で買ってくれる。

だから売れている、本物である、買っても失敗しない、という証拠を見せる必要がある。

この証拠は作る事ができる。(嘘はダメ)

社会的に信用のある人や信頼されているプロに依頼するとか

テレビや雑誌で取り上げられるとかね。

売れている店は売れるからドンドン証拠を出せる。

売れていないお店は最初からそうはいかないから

工夫が必要と言う訳です。

あなたのお店も

証拠を見せてドンドン売っていこうじゃありませんか!!

最後は気合w

ABOUT ME
森 よしあき
ネットショップ研究所@所長。 WEB制作のフリーランス時代に「森さんが作ったページは全然問い合わせが無いんやけど」と言われた悔しさをバネに「なぜ問い合わせが来ないのか」「なぜ売上に繋がらないのか」を研究。後に「ネットショップ専門」のアドバイザーとしてこれまで200店舗以上のECサイトを指導。「見てもらえないショップは存在しないのと同じ」を教訓にあなたのお店の売上アップの為に今日も伝え続ける。