検索でサイトに10000人を集める時の超基本的な考え方

Pocket

昨日、娘たちが姉妹喧嘩をしていました。

現場を目の当たりにして、すぐに僕は怒った。

それは

お姉ちゃんが、クリスマス会でもらってきた「卓球セットのラケット」でピンポン玉を「至近距離から顔面にスマッシュ」したから!!!

痛いですよねー。

これは痛い。

罰としてお姉ちゃんがもらって来たクリスマスのプレゼントは全部捨てました。

別の痛みを感じてもらいます。

その後、また長時間お母さんに説教されていたので痛みはかなりのものになった可能性がありますが・・・。

また良い事をしたら23日にはプレゼントが届く予定です。

頑張れ!お姉ちゃん!!

捨てられたはずの卓球セットがここに~!

さてブログです。

 

アクセスを10000人以上集めるために必要な超基本的な事

皆さんはアクセスを集める時に何を考えますか?

売り上げを月100万円を目指すなら「月間1万人」にはしたいところです。

僕のクライアントでは1万人以上のアクセスを集めているお店は少なくとも平均50万円以上を売り上げています。

客単価、転換率によって売り上げが変わりますが、低単価、低転換率でも売り上げを上げるには、やはり1万人以上集めたいですね。

 

さて、それではどうすればその1万人を達成する事ができるか。

その基本となる考えを書いていきます。

 

そもそも「検索されるジャンル」でスタートする

「ウチはどうしてもこれが売りたい」

そのこだわりはあっても良いと思います。

ただ、そこには「集まりやすさ」と「集まりにくさ」を無視したものが多いと言わざるを得ません。

スポーツ用品を考えた時

「ゴルフ用品専門店」

「アーチェリー用品専門店」では

もう圧倒的に集まる人数が違います。

どう考えても「ゴルフ用品専門店」の方が簡単にアクセスが集まる。

「そんなこと言っても・・・」という人も多いと思いますがそれが現実です。

 

上位表示を目指しやすいのはどちら?

先ほどの

「ゴルフ用品専門店」

「アーチェリー用品専門店」では

「ゴルフ」の方がアクセスは集まりやすいですが、そこに参入するお店の数も多くなります。

ライバルがいっぱいいる状態ですね。

その中で上位に表示されるのはなかなか至難の業です。

「アーチェリー」ならそもそもライバルが少ないのですから上位表示は比較的簡単。

上位表示を考えるなら「アーチェリー用品専門店」の方が有利ですよね。

 

どちらが売り上げを伸ばせるのか?

1万人のアクセスを達成するのにどちらを選ぶべきか?

日本国内の競技人口で比較してみると

ゴルフ・・・1200万人

アーチェリー・・・1.2万人

比べるまでもありませんが、圧倒的ですね。

1000倍違う。

上位表示されやすいからと言って「アーチェリー」を選ぶ人もいるかもしれませんが、商売として考えた時、完全に「ゴルフ」を選んだ方が未来があります。

ただ、先ほど書いたようにライバルの数も圧倒的かつ強力ですが。

 

あなたに勧めるなら僕はこちらです!

僕のオススメする答えを言いましょう。

答えは「アーチェリー」です。

アーチェリーですぐに1万アクセスを集めようとしても無理です。

到底集まらないでしょう。

 

それでも何故勧めるのか?

ここで考え方を柔軟に持つ必要があります。

まず、アーチェリーで一番を狙うのです。

ゴルフで100位よりも、アーチェリーで1番の方が次の可能性が広がる気がしませんか?(1番じゃなくてもいいですよ)

アーチェリーで1番を取れるなら、他のマイナースポーツでも取れる可能性が高い。(2番でもいいですよ)

ですからスタートはアーチェリーでも「マイナースポーツ」という括りにしていくと母数は増えていきますよね。

ゴルフで上位を狙うより、それぞれの競技で上位を総なめできればライバルが少ない分断然有利になってきます。

まとめると

メジャーなジャンルが多くのアクセスを集めるのには有利です。でも競争に勝つ事を考えるとマイナーな商品からスタートしてもいい。それでも工夫次第で1万人を集められるからです。

 

こんな感じですね。

「誰が何と言おうとアーチェリーしかやらないよ!」と言われればそれまでですが(≧◇≦)

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 



 

お試しコンサルのご案内

「あなたは年末を家族で笑って過ごせますか?」
皆さんのお店の売上アップをお手伝いし、家族に笑顔を取り戻しましょう!

森です!五十肩ですが頑張ってます!笑

コンサルティングってどんなものなのか?
一度やってみなきゃわからないですよね!

売上が少なくてコンサルが申し込めない。そんな人も「お試し」なら大丈夫(^^

森よしあき プロフィール

1966年9月 奈良県大和郡山市生まれ 双子の次男 現在香芝市在住

高校卒業後
仲の良い先輩が通っていた京都の経理専門学校へ入学するも入学と同時に先輩は退学して行方不明になるという意味の分からない学生生活をはじめ2年間過ごす。

20歳から京都のベンチャー企業に就職
「大日本スクリーン」という会社に半導体製造装置を収めるという意味の分からない事をやっている会社の資材購買部という部署で3年間汗を流す。仕入れ先を値切り倒す仕事に「値引き交渉は悪」と認識する。

23歳で奈良の会社に転職
「奈良デュプロ」というOA機器販売の会社で経理を担当するも、本当は数字が苦手な事が発覚して3年で消耗品担当部門へ移動。2年経過後営業に配置転換されるといきなりトップの成績を上げてチヤホヤされる。安売りばかりして利益をけずり「安売りは悪」と認識する。

30歳で退職
自分の力で何かを一からやってみたい!嫌々仕事を続けるのは無意味!という我がままを通し、未来図は何も考えずに退職。
友人の結婚相談所を手伝いながら、当時珍しかった「マック」を使い、我流でホームページを作り始める。

30代でデジタルハリウッドへ
自分で勉強しても出来ない事が多くなるも、この時すでに「これを仕事にする」と決めていたため、「けいことまなぶ」に載っていたフリーランスの姿に憧れデジタルハリウッドに通う。

2000年スタジオパス設立
ホームページ制作事業を始める。途中いろんな人との出会いからチームや組織を経て現在に至る。現在は制作よりも「ネットショップ」「小さなお店」の集客アドバイスをやっています。

夢はネットショップと小さなお店の皆さんなど、僕が大好きな人の笑顔が集まる場所を作ること

 

プロフィールを読まれた方は、お友達、フォロー、配信登録をお待ちしています!

森よしあきの「ツイッター」はこちら

森よしあきの「フェイスブック」はこちら

メールマガジン「もりメル」で集客方法やセミナー情報などを配信

お問い合わせ

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です