次年度は楽天市場でもっと売りたいと思っている方へ

Pocket

毎年の事ですが

昨日、3月15日に確定申告書の提出が終わりました!!!

期限が迫らないとできない。

もしくは、期限が迫ると爆発的な能力を発揮する。

そんな私が宣言します。

来年は2月16日に提出します。

初日に出しちゃいます。

考えてみれば同じ事なんです。

期限が来れば提出するんですから。

それが2月16日になるというだけのことです。

ツイッターでも数人と約束?しましたので後はやるだけです。

早くも今ある領収書は入力を始めていますから多分大丈夫だと思います。

あーもう安心です!

お気づきかと思いますが、この程度で安心できるくらいなら毎年ギリギリまで放っておきませんよねぇ(笑)

ともかく、乞うご期待!

 

ではブログです。

売れれば笑顔になり、笑顔になればさらに売れる

最近、楽天市場の売上が上がっています。

世間のお店が全部売れているのかどうかは知りませんが、少なくとも僕のクライアント様は売れています。

3月に入って軒並み前年比で大幅なプラスの数字が出ている。

僕としても嬉しい限りなのですが

見ていて僕が一番ホッとするのが

「お客様の顔が変わる」

ということ。

もうね、これほど変わるかって思う。

売れていない時って僕と仕事の話をしているときはもちろんのこと、雑談や面白い事を言っているはずの時間でさえどこか「トゲがある」感じがしたり「暗い」雰囲気があったんですよ。

それが今はどうですか。

もう「満面の笑み」とはこの事か!という顔を見せます。

売れているから忙しいんですが、それでも辛い感じには見えなくて、それさえもどこか爽やかな感じに見えるんですよね。

 

そうすると不思議なもので、お店側からの意見も出てきます。

「もっとこうした方がいいんじゃないか」とか

「この部分はこうできませんか?」とか

これまでの「クレームっぽい意見」とは大違い。

僕のアドバイスにも耳を傾けてくれやすくなるしね。

そして、それがまた

「売上に繋がる」というサイクルになっていきます。

 

何が言いたいのかっていうと

やっぱり

「まず売る事」って大事だということ。

実力があるから売れるっていう人がいるかもしれないけど、初めから実力なんか無いからみんな苦労するんですよ。

まぐれでも、誰かの力を借りてもいい。

まず売れることで変わります。

オーナーの顔とお店の雰囲気が変わるんです。

 

これが売れないままだとどうですか

眉間にしわを寄せて嫌味っぽい表情を浮かべてPCの画面を眺める毎日

そんなお店が売れるとか、楽しい事を考えるとかいう方向にはなかなか行かないですよ。

貧すれば鈍する。

売れないお店はどんどん雰囲気も悪くなり、お客様から敬遠されていきます。

そういうサイクルに陥る前に売ってしまう事を考えるんです。

 

楽天市場で売れる方法は何か?

今年は絶対売りたい方。
毎日笑顔で過ごしたい方。
来年の確定申告の数字をもっと上げたい方。

今すぐお問合せ下さい。

お問い合わせ

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です