11月の売上が大幅ダウンの店舗が続出中の謎?!

Pocket

451042ffdc5158def76dd9d2feded1f54729688c1395481432

いやー、困りましたね。
本当に困りました。

何が困るって、そりゃもちろん僕のお客様の売上が伸びない事です。
僕にとってそれが一番困る。
お客様の売上が伸びて行く手助けをするのが僕の仕事。
売上が上がらなければ僕の力不足と言う事になる。

もちろん全てのお客様が順調に売り上げを伸ばせるわけではないのです。
しかし、この11月はちょっと様子が違った。
8割方のお客様の店舗が前月比、前年比で売り上げダウンです。
店舗様によっては大幅なダウンによって危機感をお持ちだと思います。

理由は色々とあるでしょう。
1番は楽天市場全体の集客ダウンです。
もちろん売上もダウンしているはずです。
では何故売上がダウンしたのか?

11月には2度の3連休があり、好天にも恵まれて行楽に出かける人が多かった。
楽天イーグルスの不振により昨年のような大型セールが出来なかった。

しかし、これは宿命的なものでもあります。
インターネットで商売をしている以上、行楽シーズンは外出する人が増え、インターネットで買い物をするよりも外で買い物をする人が増えます。
楽天市場というモール自体の集客が落ちれば、出店店舗は運命を共にする事になります。

こういう時には色々と考えるものです。
実店舗を持っていた方が有利だとか、他の収益源も考えないといけないとか。

でもね、僕は商売の考え方としてはこうアドバイスをしています。
「売上は年間ベースで考えるべき」と。

売上と言うモノは1年のうちで上がったり下がったりします。
季節商品を扱う店舗なら当たり前の事ですし、2月8月は売上が落ちると言います。
1年中通して上がり続けなければいけないという感覚ではなく1年間通して考えるべきです。

もし前年よりもダウンしていれば方向性を考えなければいけない場合もあります。
でも、前月よりもダウンしたからと言ってアタフタしても始まりません。
しかも理由が自店の努力だけでは補えない場合はなおさらの事。

売上には誰もが一喜一憂します。
僕も気になって仕方ありません。
ただ、一喜一憂しても意味が無いのです。

今月の売り上げ減は来月取り戻す!
その結果を出す努力を今からする以外ないのです。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です