無料で情報を発信していると有料のお客様は来ないのか?

Pocket

a0002_006864

こんにちは、森です。

最近ちょっと考えさせられる事があって、これからのやり方を模索しています。
無料コンサルティングを8月で終了するのもその一環です。
まだお客様になっていない人のために一生懸命になりすぎると、すでにお金を払ってくれている人はそれを見て良い気分にはならないからです。

もちろん、お金を払ってくれているお客様が満足してくれていればそんな事は無いのでしょうが、僕の場合は決して全てのお客様から満足してもらえている訳ではありません。それなのに無料相談ばかりに労力を使うなんてことは普通に考えて無理があります。

ただ、ブログなど無料で情報発信をする事については続けていくつもりです。
現在ブログでもメールでも無料で情報を発信しているのですが、周りの人から「手の内をさらけ出してしまったらお金にならないじゃないか」と言われたのは1度や2度ではありません。

その通りだと思います。
有料でやっているサービスや情報が、無料でも手に入るのであれば誰もお金なんて払いません。
でも、僕は逆に情報発信をしなければ誰も見てもらえないという考えがあります。

僕の発信する情報を見て、この人に頼もうと思ってくれる人がいる。
無料の情報を見て、お金をかけず自分で頑張ろうとする人がいる。

これはずっと変わらないのではないかと思うんです。
お金を払おうとする人は払うし、払わない人はずっと払わない。
だからいくら無料の情報を発信しても、その比率は変わらないのです。

ただ、やっぱり無料でコンサルティングをしてはいけないですね。
そこまでやったら「奉仕」「ボランティア」です。
しいてメリットがあるとしたら僕のコンサル経験が増えるという事です。
それでも、やっぱり無料では続けられませんよね。
僕だけでなく、商売をしている人なら誰だってそう思うでしょう。

だから、これからは「有料」でやらせて下さい。

9月からはこのように変わります。

<単発コンサルティング>
1:メールコンサルティング(2日間) 5,400円
2:電話コンサルティング(2時間以内)10,800円 ※お客様からかけて頂きます。
3:スカイプコンサルティング(2時間以内)10,800円 ※通信費無料です。
4:訪問コンサルティング(3時間以内)32,400円 ※交通費はご負担下さい。

ご質問、問い合わせは無料です。
お気軽にご連絡下さいね!

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です