お客様が買いたくなる安心できるお店づくりとは

Pocket

pic_g046こんにちは!森です。

ネットショップで商品を購入しようとするお客様にとって、購入の決め手となるのは何でしょう?

その商品を買うと決めたお客様にとって、残る選択肢は次の二つです。

「価格」と「お店」

安いところで買うのなら価格の一番安いところで買えば良いのですぐに決まりますね。
一方、お店で選ぶという人はお店の何を見て決めるのでしょう?

僕が買物をするときに「親切だなぁ」と感じるのはこんなところ。

「注文から到着までの日数の目安が表記されている」
「どんな梱包状態で届くのかがわかる(特にギフトの場合」
「保管時に気を付ける事や保存方法(食品など)」

これらが文字だけではなく、イラストや写真も入れた説明があるととても安心できます。

また、商品の説明をいくらページ内でしていても、お店側が考えている事とは違う不安や疑問を持っているお客様はおられます。

その場合は「買物かに入れるボタン」の前後にわかりやすく「ご質問があればこちらからどうぞ」と問い合わせに誘導してあげたり、大きく電話番号を記載しておくのが親切です。

売上を増やす為にやらなければいけないのは何もアクセスアップやキレイなページ作りだけではありません。

お客様が安心して買えるお店で無ければ、いくら安くても、どれだけキレイにしていても買ってもらえないのです。

上記の例の他にも、色々と考えらる事はあります。
お客様が安心するかどうかのポイントはホントにちょっとした事です。
ちょっとした優しさだったり、ちょっとした気遣いだったり。
そんな『ちょっとした事』の積み重ねが安心できる店作りになります。

初歩の初歩、基本中の基本のような記事ですが、本当にお客様の気持ちになってお店作りが出来ているというショップはそう多くありません。

是非とも再確認してみて下さい!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です