ネットショップ運営における「5つの禁句」とは?

Pocket

maxresdefault

au/TVCM「やってみよう編」より

 

売れていないお店の店長と話をするとよく出てくるフレーズがあります。

「大変だから」

「面倒だから」

「やっぱり」

「それをやれば売れるんですか?」

「時間が無い」

これはネットショップに限らない話かもしれませんね。

 

○○をやりませんか?と提案する。

例えば「ギフト」に力を入れましょう!と言ってみると

「ギフトって結構大変なんですよねー」っていう返事。で、結局やらない。

そりゃ、やらないでしょうね。やりたくないんだから。

 

「面倒だから」もほぼ同じです。

でも「大変だから」は「売れるんだろうけど」とか「売れるかも知れないけど」というニュアンスが含まれるのに比べて、こちらは「どうせ売れない」という諦めが入っている場合が多い。

ブログやSNSなんて絶対にやらない。だって面倒なんだから。どうせ売れないと思ってるから。

 

人の事を気にする人は「やっぱり」が口癖の人が多いです。

「あそこのお店、あれから売れるようになったんですか?」

「いいえ、まだ売れてないですね」

「やっぱり!」

同じように結果が出ない人を見て、自分を慰めているんでしょうね。

この言葉自体は別にマイナスの時に使う言葉でもありませんが、売れない人はマイナスの場合によく使います。

手柄でもとったように言われると、こちらも良い気がしませんね。

 

これまで何をやっても売れないと思っている人はこう言います。

「それをやれば売れるんですか?」

答えは「やらないより、やった方が売れる確率は上がります」です。

確率が低いからやめる。という人がかなり多い訳ですが、高い確率で売れる方法があるんならこちらが教えて欲しい!と思ってしまいます。

何をやったとしても、どれを選んだとしても、確率なんてそんなに変わりません。

「どれだけやるか」

これで結果が変わるだけですからね。

 

最終兵器の登場です。

「時間が無い」

もう商売する時間も無いほど忙しいと言われている気がします。

売れているお店の人は「時間が無い」とは言いません。売れていないお店よりも何十倍忙しくてもです。良いと思ったことは取り入れようとします。

時間を作るのが上手いんですね。

 

さて、これらの言葉を発している人は絶対に売れないのか?というとそうではありません。

売れなかった人が、二度とこの言葉を使わなくなる瞬間があります。

それは

「急に売れ出した時」

です。

だから安心してください。

いつも「禁句」を並べているあなたでも売れるようになります。

ただし、それには条件があるんです。

 

それは

 

「大変」でも「やってみる」

「面倒」でも「やってみる」

「やっぱり」と思いながらも「やってみる」

「本当に売れるのかな?」と思っても「やってみる」

「時間」が無くても「やってみる」

 

とにかく「やってみよう!」って事です。

こっそりでも、嫌々でも、恥ずかしくても、やった人しか売れないんですから。

 

【限定3名様】毎月実施!無料コンサルを体験してみませんか?(今月残り1名様)
毎月「無料コンサル」を実施しています!応募はこちらからどうぞ!

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)

 

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です