ブログはアメブロを使った方が良いのか?

Pocket

674a1863e48b5c7ce40d6d21aceea8bb

僕はどんなお店にも「ブログを書きましょう!」と言います。

そうすると「どこがイイですか?」と聞かれるので、その時は「アメブロ」を勧めています。何故アメブロを勧めるかというと、「個人事業者」に向いていると思うからです。

ただ、もっと向いているのが、「個人事業者」に向けたサービスを売っている場合です。

 

例えば、女性のサロンオーナーさんのブログなどもよく見かけますが、それらの人たちが困っている事を助けてあげるような仕事をしているなら、絶対にアメブロをやった方がいいです。

だって、そこに「見込み客」が集まっているんですから。

 

そこでネットショップオーナーがブログを書く場合のポイントを書いておきます。

ここを考える事はかなり重要です。ただただ記事を書いているだけでは売れません。でも、買ってくれそうな人を探して、その人に向けて書くと効果は全く変わります。

例えば

  • 革の財布を売っているのなら、事業者向けや開運のプレゼントなどが商品として売れやすい。
  • お花屋さんなら、開業、開店、記念日のお祝いとして活用してもらう。
  • はんこ屋さんなら、開業セットや記帳、雑務用のはんこ。
  • 雑貨屋さんなら、飾り棚や事務所まわりの小物など。
  • タオルやさんなら、業務用のタオル、ギフト用。
  • デザイナーなら、事業ブログ用ヘッダーの作成など。

アメブロでブログを書いている人は個人事業者が多いのですから、それを必要とする業界の人たちに「読者登録」や「コメント」「いいね!」でお知らせすればいいのです。

決して宣伝する必要は無いんです。

あなたのお店の商品を必要とする人に、欲しくなる商品がある事を教えてあげるだけです。

 

ただし、あなたの商品が「個人事業者向け」となるように考える事が大事です。

僕なら「サロンオーナー向けネットショップの作り方。業務用消耗品を副業として販売し収入源を複数作る方法を教えます。」みたいなことをアメブロで書いて、サロンオーナーのブロガーさんにお知らせするとイイかも知れない。

 

ブログを書く事は集客にとって必要です。さらに、アメブロをやるのならアメブロの特徴に気づくと書き方が変わってきます。さらには書くだけではいけない事もわかってきます。

そこに気づいた人達がアメブロで商売ができていると思います。

気付く力って重要です。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です