自分の行動を顧みるとアクセスアップのヒントがある

Pocket

あなたのフェイスブックの友達でもあるお店のオーナーがアクセスを増やしたいと思っているとします。

そこで、ブログ記事をアップして、その記事をフォローするわけです。

でも、その記事のアクセスもあまり増えていないし、お店のアクセスも増えない。

あなたはその人とは特に親しくなく、フェイスブック上で見るだけの関係。だからたまに「いいね!」を押すけどほとんどスルーしている。

 

でも、お店のオーナーは不思議でたまらないのです。

だって、ブログを書けばお店のアクセスが上がるって聞いたし、それをフェイスブックで紹介している。フェイスブックでは1000人の友達がいるから、もっとアクセスに繋がると思っていたはずですから。

 

これ、普通にあるパターンだと思います。

あなたのお店もこのように、ブログを書いてもアクセスが増えないって事はないでしょうか?

だって、あなたも友達になっている人のお店にアクセスしないんですから、あなたの友達だってアクセスして来なくて当然ですよね。結果的にアクセスに繋がらないって事です。

 

それじゃ、自分がフェイスブックでシェアされたブログ記事を読んで、しかもお店にアクセスしてみようと思う時ってどんな時か考えてみてください。

  • たまたま自分が興味ある記事タイトルだった
  • 自分のブログを読んだとコメントしてくれた
  • 最初から親しい関係だった

このうちのどれかである可能性が高くないでしょうか?

あなたがもし、この3つの事をきっかけにお店に訪問するのだとしたら、あなたのお店もきっと上記の3つを意識すれば訪問数が増えるかもしれませんよね。

o0468033713327924002

この3つを心がけるとお店のアクセスに繋がります。

「魅力的な記事タイトル」

「見て欲しい人にコメントなどをする」

「普段からたくさんの人と親しくする」

人の行動は自分の鏡です。

だから、あなたが訪問するときのきっかけを思い出してください。

そのきっかけをたくさん作る事で、お店のアクセスは増えていくと思います。

 

最近、僕のブログはそんな感じでアクセスが増えています。

よかったら参考にしてくださいね!

 

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です