あなたのお店には何もない

Pocket

image38僕が家でテレビを見てい時の奥さんとの会話。

僕「なんにもやってないなぁ。。。」

奥「いや、いろいろやってるやん。」

僕「いや、だから面白いのがないねん」

奥「面白いかどうかはあなた基準やん」

僕「そりゃそうやん。僕が見てるんやから」

なんてことのない日常の会話です。

でも、ここにもあなたのお店と関連のある事が隠れています。

 

「このお店は何もない」

お客様の中にはこう思う人が必ずいます。

お店に「何もない」なんてことはありません。その人が気に入るかどうかは別にして、商品は数多く掲載されているんです。

でもお客様は思う訳です。

「何もない」って。

この何もないという言葉の意味はこういう事でしょう。

「僕には『パッと見て魅力的に見えた商品』が無かった」

その時のお客様の気持ちって、細かく書くと多分こういう感じですよね。

お店としては魅力的な商品が並んでいると思っているし、気に入ってくれる人もいると思い込んでいるかもしれない。でも、お客様から見たそれらの商品は「ただ並んでいるだけの商品」でしかないと言う事でしょう。

これは、お客様との意識の違いと言って片づけて良い問題ではなさそうです。

何もないと感じるのは「魅力的に見せる」ことが足りていないから

お客様に魅力的に見えていないというのは、欲しいと思うような情報が無いと言ってもいいと思います。

先日、僕が子供とスーパーに遠足のおやつを買いに行った時、ちょうど子供の目線の位置に「遠足用おやつコーナー」と表示されていたらきっと魅力的に感じるんじゃないかと思いました。さらに小学校1年生でも計算できるように、「○○と△△と××で300円」と例を書いておくといいかもしれないなぁとか思ってました。

なんか職業病みたいですね。笑

人の興味の中に入り込む。

そんな情報があれば、きっと「何もない」と感じる事はないと思います。

僕がテレビを見ていて「何もない」と感じる。

それは番組のテーマや出演者への興味が無いからです。日頃見ないようなテーマでも、ダウンタウンが司会をしていたら見るかもしれない。絶対に見たいスポーツ番組も、ゲストにアイドルが出ているとみてしまうかもしれない。

 

何もないと感じさせるのか

興味を持ってみてもらうのか

あなたのお店はどう見られているか。一度考えてみてはどうでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)

 

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です