売れない時に本当にやるべきことは何なのか?

Pocket

こんにちは!

月商300万円越え!ネットショップコンサルティングの森ヨシアキです!

 

売れない時ってありますよね。

以前は売れていた。

だからそのまま続けているのに何故か売れない。

 

そんな時に考える事って、多くの人は「集客」だと思います。

売れていた時は人が来ていた。だからまた集めれば売れるんだ。

そう信じていますからね。

 

でも本当にそうでしょうか?

売れなくなった原因は人が来なくなった事。

では、人が来なくなった原因は何なのでしょうね。

 

その原因を突き止めることなく、ただ集客をしてみてもあまり良い事はありません。

だって、人が集まらなくなった原因を解決していない状態でまた人に来てもらっても同じ事が繰り返されるだけだから。

 

売れなくなる原因の多くは本来「お店の側」にあります。

たまたま売れたその商品ページは本来あまり良い出来では無かったのかも知れません。

お店の対応も他店と比べてどうだったのか。

アフターフォローや情報発信をどんどんやっているライバル店もあるでしょうね。

 

売れない原因はお店にあります。

そこを改善するのが先です。

集客はその次。

 

これはオープン当初のお店でも同じ事が言えますね。

売れないお店はまず集客から始めます。

これは順番が違うのです。

売れないお店の状態のまま、たくさんの人に見てもらう事を考えると一瞬売れてもすぐに売れなくなります。

 

それではあなたはお店を良くするために何をするべきなんでしょう?

 

自分で自分のお店を見てもなかなか見えてこないかもしれませんね。

 

4月14日(金)に一緒に考えませんか?

IMG_9138

 

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)

 

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です