売れている人と売れていない人の言葉と行動の違いはたったこれだけ?!

Pocket

こんにちは!

家族経営で月商300万円越え!ネットショップコンサルティングの森ヨシアキです!

hqdefault

聞いたことを少しやるけど続けない「かじるだけ」の人が多いんです!

 

僕の周りにはネットショップで「売れていない人」もいれば「売れている人」もいます。

見ていると、やはり「売れない人」と「売れている人」には何かしらの違いを感じます。

 

一番大きな違いは何かを書きたいと思います。

それは

「言葉」と「行動」の積み重ねです。

 

簡単に言うとこういうこと。

売れる人は「やると言った事をやり、それを積み重ねる」ということです。

反対に

売れない人は「やると言ったのに、それをやらない。または続かない」となります。

 

売れる人も、売れない人も、考えている事や知っている事はスタートの時点ではほとんど変わりません。

でもやり始めると結果が違うものになるには何故なんでしょう。

 

「きれいな写真が必要だ」

そう思ったとしても、売れる人はその写真を撮ってみて、さらに勉強してより良いものにしていく。

売れない人は良い道具を買うものの、ただ撮るだけで満足してそこで終わってしまいます。

 

「SEOが重要だ」

そんな事はどのお店も知っていますが、知っている事をやって終わるお店と、常に手を入れて研究を重ねるお店は違います。

自分はやっていると思っていても、目新しい事を聞いたときにしかやらない人が多いのです。

 

この記事を見て「自分の事だ」と思った人もいると思った人!

前にやった事を思い出して、もう一度続けてみてはどうでしょう。

 

 

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)

 

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です