バレンタインデーの次の日にブログで商品の記事を書く理由

Pocket

こんにちは!

家族経営で月商300万円越え!ネットショップコンサルティングの森ヨシアキです!

 

もうすぐバレンタインデーですね。

今から準備する人はいないと思いますが、追い込みでどんどん紹介したりしてバレンタイン関連の売り上げを上げたいと考えているお店も多いと思います。

xrk24

<PR>こころの里さんが販売する「生チョコ」

さて、バレンタインも含めて年間では売り上げを見込む行事がいくつかあります。

「卒業」「入学」「入社」「ゴールデンウィーク」「母の日」「父の日」「敬老の日」「ハロウィン」「クリスマス」「お正月」

他にもいろいろありますね。

 

では今年の行事で売りたい商品の準備をいつするのか?

これはお店によって違うと思いますし、広告の準備などが必要かどうかによっても違います。

 

僕は大体「3ヵ月前」には準備するものという感覚でいました。

皆さんもそれくらい前からか、もう少し近づいてきてから準備すると思います。

 

でも今日はちょっと違う観点でお話ししたいんです。

 

 

それは

今からあなたが「売る為に費やした労力」は「来年以降何年にもわたって役立つ」という事です。

 

例えば今年のバレンタインのキャンペーンとして、ブログに記事を書いたとします。

その記事を読んでお客様になってくれるのは

「記事を書いた日から、バレンタインデー当日まで」

という感覚があると思います。

 

でも来年はどうでしょうか?

来年もそのブログ記事は残っています。

すると、その記事はいつからいつまで有効なんでしょう?

それは

「記事を書いた日から、来年のバレンタインデー当日まで」

ということになります。

 

さらにはおわかりのように、それ以降も同じように繰り返されますね。

 

これは先日、僕が2年前に書いたブログの反響があった事で気付いた事実です。

ブログを書いたら、商品が変わったり企画そのものが無くならない限りはそのまま何年後でも使えます。

極端な話、その商品の紹介はいつでもいいという事になりますね。

そうなんです。

誰もやらないと思いますが、そう考えれば「バレンタインが終わった翌日」に「バレンタインプレゼント商品の宣伝」をしても全然かまわない訳です。

これが来年、再来年のプレゼントとして探される可能性は十分あるんですからね!

 

ブログってそう考えると、書けば書くほど見てもらえるし、書き方を考えればずっと宣伝ツールとして使える媒体になる。

そんな風に思います。

 

 

【限定3名様】毎月実施!無料コンサルを体験してみませんか?
毎月「無料コンサル」を実施しています!応募はこちらからどうぞ!

【3月度ネットショップ勉強会 開催のお知らせ
今年初の「ネットショップ勉強会」を大阪なんばの「スイスホテル」にて開催します!
詳しくはこちらからどうぞ!

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら
(電話料金負担のためこちらから折り返します)
直通電話
090-1890-1364
メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)

 

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です