【質問事例】 うちの商材や業界を知らないのに教えられますか?

Pocket

こんにちは!

家族経営で300万越え!ネットショップコンサルティングの森ヨシアキです!

ちょっと「キャッチフレーズ」を考えてスタートしてみましたがどうでしょう?

試行錯誤中なので多分まとまるまで色々と変わると思いますが今日はこれでスタートします!

 

以前こんな質問をいただきました。

「森さんはネットショップの専門家ですが、商材や業界の事を知らないのにそのお店の売り上げを伸ばせるんですか?」

こんな質問。

Fotolia_47757683_Subscription_Monthly_XXL-369x300

確かにそうですよね。

ネットショップで「商品の良いところを教えてあげましょう」とか「こんなやり方をやってみてはどうでしょう」と言ってみても、お店にとってみれば「良いところって具体的にどんな事を書けば良いのかわからない」とか「そのやり方をやったら業界の常識としておかしい」といったように自分の中での常識に照らした不満が出てきますよね。

そうなんです。

実はそこが問題。

自分の中での常識に照らした行動

これが今まで売り上げが上がらなかった原因でもあるんですよね。

だから、私のように「商品の事は知らない」「業界の事なんか全くわかっていない」人間の方が「常識に縛られることが無い発想」が出やすいですから、これまでとは違った行動をアドバイスすることが出来る事になると思いませんか?

 

もう一つ大事な事を言うと

「プロのあなたから見ればお客様は全員素人」

と言う事です。

プロであるお店の人から見た目とお客様が見た視点は違いますよね。これはしょうがないことなんですが、売り手はお客様の目線に立って考えずらいものなんです。

だから!だからです。

「うちの商材や業界を知らないのに教えられますか?」と言われたら私は

「いや、お客様の視点でお店を見る事ができるからその方がいいんですよ」と答えています。

 

コンサルタントは商材や業界の事を知らない!とお嘆きのあなた!

お店のアドバイスをするのにはお客様と同じ目線に立てる事が重要という事をぜひ覚えておいてくださいね!

 

☆今すぐ解決!売れるようになるための緊急窓口はこちら(電話料金負担のためこちらから折り返します)

直通電話
090-1890-1364
(電話料金負担のためこちらから折り返します)

メールの方はこちら

☆好評配信中!「あなたもお客様の目線に立てるようになる!」メールマガジンはこちら!
買い手目線のネットショップ構築・運営講座 (5日間無料講座)


【限定3名様】毎月実施!無料コンサルを体験してみませんか?
毎月「無料コンサル」を実施しています!応募はこちらからどうぞ!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です