早朝ランニングを再開して思う事

Pocket

皆さんはブログを途中でやめた経験がありますか?

私は何度かあります。

このブログも休んだりしながらですが続けていますが、何度もやめそうになっています。

それでも続いているのは、今日もこうして読んでくださる方々のおかげです。

 

さて、私は最近また「早朝ランニング」を再開しています。

もうランニングをやめてしまって4年ほど経つので私がランニングをしていたことなんてほぼ誰もしりませんね。

もうすぐ1か月になりますが、最初はウォーキングから初めてやっと走れるようになった程度です。

ただ、やっぱり休んでいたブランクが響いて途中で何度も止まってしまうんです。

ゆっくり走っているつもりなのにね。

そうして止まっていると、自分よりもさらにゆっくり走っている年配の女性が通り過ぎていきました。

少し休憩して再開。

前の方には先ほどの女性が走っているのが見えます。

私は女性を見ながら走りますが、なかなか追いつかないのです。

遅いとはいっても走っているのですから、私が止まっている間にはかなり差がつきます。

そして、その距離は詰めようとしてもなかなか詰まらないものになっていたんです。

止まっている人になら追いつけるんですけどね。

その女性は途中で道を曲がってしまい、私はとうとう追いつけないままランニングを終えました。

 

こじつけのようですが、ブログもそうだなと思うんです。

色々な理由があってやめてしまうのは仕方がない。

でも、再開しようと思ってもそのブランクは大きいものになるんです。

だって、やめずに続けていた人は遠くの方に行ってしまっているから。

その人を見た時に思うんです。

自分も続けていたら良かったって。

 

何でもそうですね。

遅くても、辛くても、走っていれば見える景色は変わります。

止まってしまうとずっとそのままです。

仮に再開しても、一緒に走っていたはずの人は全然違う景色を見ているんです。

止まっている時間が長ければ長いほど、それはもう途方もない差がついてしまう事になるかもしれません。

 

続ければ必ず何かが起こる。

それはわからない事ですが「あの時やめないで続けておけばよかった」と思う事にはなりません。

人間、後悔は必ずするものですが、少しでも少なく済めばいいですよね。

 

IMG_8155

小指の箇所が破れてきました。そろそろ引退かな?

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です