売れているお店は何故選ばれているのか?

Pocket

私事ですが

先日お墓参りに行った時のお話です。

うちの奥さんは、お父さんを10年近く前に亡くしたのですが、数年前に神戸の霊園に立派なお墓を建てたんです。

私は奥さんのお父さんと会ったことが無く、今となってはお墓参りに行く事が奥さんと一緒にお父さんと会う事になる唯一の方法だと思って定期的に参っているんです。

 

私たち家族は午前中にお墓参りを済ませると、いつも決まったお店で昼食をとっていました。

ちょっと豪華なファミリーレストランのようなお店。

パンが食べ放題と言えばわかる人もいると思います。

今回も昼食はそこで。

行く前からそんな話をしていたんです。

 

ところが、

なぜか今回は奥さんが「ほかのお店でもいいよ」と言い始めたんです。

私も毎回こだわりがあって行っている訳ではなかったので、早速スマホを取り出して検索しました。

子供たちは何やかんや言いながら「ハンバーグがいい!」というので

「神戸 ハンバーグ」で検索!

そしてその結果

「山六亭」というお店を選んだんです。

結果を言うと「大当たり!」でした。

味もお店の雰囲気も、そしてスタッフさんの対応も全て◎!

多分次のお墓参りでも利用させてもらう事になると思います。

本当に美味しかった!

 

さて、今回もスマホを使ってお店を選んだわけですが、そのお店を選ぶのにかかった時間はわずが2分程度。

 

そして私が選んだ基準は「写真」でした。

 

私はいつも、出てきた結果の上のお店から詳しく情報を見るようなことはしません。

ざーっと上から下までスクロールしながら「あっ!ここ!」と感じ目に留まった写真のお店をクリックします。

hambarg

ハンバーグを探しているのですから、「おいしそうなハンバーグ」が一番目立つ写真にしているお店を選びました。

写真が良く撮れていなかったり、焼く前の神戸牛が出てきてもクリックしません。

 

多くの人がこんな感じで、自分なりのクリックする基準を持っていると思います。

そうやってお店を選んでいる。

 

ではお店側はどういう基準で集客しようとしているんでしょう?

普通に情報を掲載していて「たまたま」来てくれる。

そんなお店もあるでしょう。

でも、お客様の立場になればそれは「たまたま」では無くちゃんと選んでいると言う事がわかります。

 

写真ではなくキャッチコピーでも良いでしょうね。

思わずクリックしてしまうようなコピーは実際にあります。

 

「まずクリックしてもらう」

これって重要ですよね。

 

ネットショップでも同じ事が言えます。

じっくり読んでもらう前にクリックしてもらう方法。

あなたのお店はクリックされるお店ですか?

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です