もっともっとスマホサイトに力を入れよう!

Pocket

mobile-access-detail

今更なお話しですが、スマホサイトを充実させましょうと言う話をします。

もう誰もが感じていて、私もどこへ行っても言っている事。

それは

情報発信をする人のツール=パソコン

情報を受け取る人のツール=スマホ

という違いです。

これは言われるとそうだなと思いますが、普段あまり意識していない人が多いのです。

ネットショッピングの世界ではこんな感じですよね。

商品を売る人がメインで使うツール=パソコン

商品を買う人がメインで使っているツール=スマホ

もう普通にそうなっています。

お客様はわざわざパソコンの電源を立ち上げる事などほとんどありません。だっていつも電源の入っているスマホを持ち歩いているんだから。

メールだってそうです。

お店の人がせっせと書いているメールはパソコンで送っているかもしれませんが、見ている人はスマホです。

いつもPCで作業しているショップ運営者が、スマホでメールの見え方をチェックしているかというとほとんどの人はそんな事はしていません。

昨日のコンサルティングでお話ししたお店では

「売り上げの3分の2がPC以外のツールになっている」

と言っていました。

ついこの間までPCとスマホは同じくらいの売り上げだったのにです。

 

もう今は「ガラケー」でショッピングをする人はほとんどいません。

だからお店側もあまりガラケーのお客様を意識することが少なくなってきたと思います。

パソコンも実は同じような「少数派」になりつつあります。

 

これはネットショップだけではありません。

ブログを書いて発信してもそうです。

発信する側の人はパソコンを使いますが、見ている人はスマホです。

アメブロだとPCで一生懸命作ったヘッダーデザインなんて誰にも見えない。

そんな事を知らない発信者もいるんです。

 

あなたのお店がスマホでどう見えているか。

商品ページはパソコン並みに充実していますか?

文字の大きさは読みやすいですか?

メールは読みやすいですか?

片手で操作しやすいバナー配置ですか?

 

もう一度見直してみましょう。

この夏、時間に余裕のあるお店はチャンスですよ。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です