ネットショップで集客するための方法はこれしかない

Pocket

昨日は酒井先生のセミナーに初めて参加してきました。
酒井先生についてはこちらからご覧いただければと思います。

image

ビジネス心理学という、商売を心理学と結び付ける考え方も聞いていて勉強になりますが、それ以上に酒井先生自信が自分の営業全てを「インターネットでの情報発信」で行っているというところが私にとってはすごいと思うところなのです。

ネットショップでの物販。

ネットでの講師営業。

扱うものは全く違うのでやり方も違う。
そう思う人も多いかもしれません。
いや、もちろん違うところもたくさんあります。
でも共通するところはありますよね。

それは先生の話を聞けばわかりますし、私も常々思っている事です。

それは

「お客様の目に触れる事がなければ存在しないのと一緒」

ということ。

ネットであれリアルであれ、お客様があなたのお店の存在を知らなければ売りようがないのです。

しかしインターネットを使う事であなたの存在を多くの人たちに知らせることができます。
しかもそれが「無料」でできる。

googleやYahooの検索で上位表示させること。
SNSを使って大量に情報を発信すること。

これらであなたの存在を知らせることができる。

だからやらなければならないのです。

モノを売りたければ見つけてもらう事が最重要。
全てはここから始まるのです。

私は15年前からインターネットに携わってきました。
WEBサイトの制作、ネットショップの運営もたくさん経験しました。
その中で分かったこと、そしてお客様の視点でしかわからない事も学びました。
売れない原因がノウハウや能力ではなく、その人の性格やメンタルにある事にも気づきました。
だから多くの人に様々なアドバイスができます。

でもやっぱり基本は同じ。

「見つけてもらえなければ売れない」

インターネットで商売をする以上、検索で上位に出てくることは必須です。

だからやり方を学びましょう。
上位に表示されることでお客様に来てもらいましょう。

まずそこからスタートです。

あなたはどうやってお客様に来てもらいますか?

ネットショップの集客方法はこちらで学べます。
集客でお悩みの方は今すぐクリックしてください!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です