楽天市場の納期情報の設定について

Pocket

楽天市場でショップを運営されている方はご存知だと思いますが、楽天市場のガイドライン変更に伴って「納期情報の設定」が義務づけられました。

目的は在庫を持たずに販売しているお店とお客様の間に起こるトラブル防止だと思います。

そしてその最終期限が今月の23日です。
従わないお店、間に合わないお店にはペナルティがあり、楽天側も厳しい姿勢で臨んでいるようです。

お店にも何度も連絡が来ているはずなので「知らなかった」は通用しないと思います。

img_8_m
時間が無いよー!

それにしても・・・
これがなかなかうまく行きません。

CSVをダウンロードして一括で登録するのですが、一つ触ると他のところにも影響が出てエラーのオンパレード。

納期情報は在庫情報と絡んでいて、納期情報を入れるだけでは設定が上手くできないのです。
日々刻々と売れている状況で在庫情報を触ることはなかなか難しい事かと思いますし、在庫情報を設定しないようにすると在庫が無いのに売れてしまう。そうするとまた在庫が無い場合の納期情報も設定しなければいけない。

これらはスタートの段階でしっかり決めておくことで、途中から色々と触っていく問題ではないのです。
だから今やらなければいけない「途中からの変更」はとてもややこしくなってしまう訳です。

ぐちぐちと文句を言っていても期限の23日は目前に迫っています。

まだできていない人は早く手を打ってください。

有償でのサービスもあるようですので、とにかくペナルティなんていう事にならないようにしたいですね。

私も今週には得意先のお手伝いを終わらせます。

あまりにも期限が迫っているためにお力になれるかどうかわかりませんが、もしどうしてもお困りの方はご相談ください。

頑張っていきましょう!

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です