売上が上がる「スイッチ」を無料でお届けします

Pocket

やらねければいけない事はたくさんある。
何をやれば売上があがるのかも知っている。
それなのに、なかなか決めた事ができずに日々の仕事をこなして1日が終わる。
そんな人が結構多いように思います。

恐ろしい事に、時間はあっという間に過ぎてしまいます。
やってもやらなくても時間は過ぎる。

今日やらなければいけない事。
これはやっている。
これさえやれば他のことは明日にしても大丈夫。
だから毎日がその繰り返し。

いくら何かを決めようが同じ事。
決めた事ができないから売上も変わらないのは当然です。

だから人には「スイッチ」が必要だと私は思っています。

seminer

先日のセミナーで私が色んな人の言葉を話しました。
これはただ「良い言葉」を紹介したかった訳ではありません。
ここには私の意図があります。

私が伝えた言葉には「スイッチ」が含まれています。

例えば

「私は誰を愛しているのか。誰が私を愛してくれているのか。」

という言葉。

この文を目にして、自分は一体どんな風景を思い浮かべますか?

私の場合はこの言葉はスイッチになります。
やる気が体中に満ちてくる。
そんな感じがします。

売上が上がらない人。
この人たちは能力が無い訳じゃないと思います。
多分人よりも頭がいい。
だから結果を先に考えてやらない。
色んな理由をつけてやらない。

ただ行動しないだけです。

そうすると、自分が行動できるようにすれば良いという事になりますね。
スイッチを手に入れることで行動できるのならやってみる価値はあります。

他にも色々な言葉があります。

あなたの売上が上がらない原因が、もし「やる気のスイッチ」にあるとしたら。

その言葉を手に入れて下さい。

先日のセミナー参加者の方にお配りした資料があります。
そのスイッチとなる言葉も含んでいます。

資料が欲しい方にはメールでお送りします。
(※事例紹介を含む資料はお送り出来ません)

希望者はお問い合わせからお申し込み下さい。

お申し込みはこちらからどうぞ

3/15まで「無料」でお送りします。

 

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です