ネットショップの情報発信はそんなに重要か?

Pocket

sns1私がショップのコンサルティングをさせていただくお店のほとんどは「ブログ」を書いています。

次に頻度が高いのは「フェイスブック」でしょう。

最近は「インスタグラム」をやりたいという人も増えてきています。

自分から進んで取り組む人もいれば
こちらからアドバイスをしてもやらない人がいる。

それぞれのお店の立場で考えると仕方ない部分もあるのだけど、やはりやらなければ始まらないと思う。

少しやってみた人が私にこう言います。

「やってみたけど何にも変わらないね」
「こんなことやるんだったらほかの事やったほうが良くないですか?

そう思うのは無理のない話で、本当に何も起こらない。
ただやっているだけでは。

ブログを書いている。
情報を発信している。

でもそれだけではやっぱり売り上げは上がらないんだよねぇ。
売り上げが上がっている人はそこから先の事をやっているし、やっている途中だから辞めようなんて思わない。

ブログもフェイスブックも同じような機能がある。

それは人と「交流」できるということ。

「いいね」をしたり「コメント」を書いたり。

そうすることで広がりも出るし関係が深まる。

そうしているうちに

「楽しくなってくる!」

ちなみに私は「楽しい」です。
その割に頻度が少ないと思う人もいると思うけど、元々飽き性の私が4年以上続けていることは奇跡的な事なのです。

情報発信は重要です。
あなたが思っているよりも重要。

だって楽しみにしてくれている人がいるから。
いつも読んでくれる人が現れるから。

情報を発信したらぜひ交流もしてください。
「いいね」をたくさん押して「コメント」もたくさん書いてください。

きっと凄いことが起こる。

人生において凄いと思うことがインターネットで叶えられる時代。

ネットで出会って結婚する人なんてもう珍しくない時代に、お客様とあなたが出会えないはずがない。

だから情報発信をしましょう。

たくさんの人と交流しましょう。

そうすれば、きっと凄いことが起こる。

そう思います。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です