楽天市場で「自信満々の人が売れない」3つのケース

Pocket

istock_000015701969xsmall

自信がある人とない人ではどちらが成功するのか?

私は「自信がある人」の方が成功すると思っています。
当たり前ですが、買い手からすると自信を持ってやっている人自信が無さそうな人がいたら「自信のある人」の方を選ぶと思うから。

それでも、自信があるからと言ってその全ての人達が成功する訳ではありませんよね。
コレも当たり前です。

私が見る限り、「専門的な知識」や「商品力」といった特定の「ひとつ」に対しての自信が過剰に高い人が失敗しやすいように感じています。

 

1:食べればわかる!使えばわかる!の「商品力自信満々」ケース

コンサルの打合せなどで非常に多く見かけるケースがこのタイプの人達。
自分が売っている、作っている商品に絶対の自信を持っています。
だから私に物凄くその良さを力説されます。

でもね、
私に力説してもモノは売れないんです。
それをお客様に力説しなきゃ。
で、商品ページを見てみるとそんな事は少ししか書いていない。
私に力説したはずの事は書いていない事がほとんど。
これじゃいくら自信があっても売れません。
書いていないんですから。

食べればわかる。
使えばわかる。

そう、買ってもらえればわかる事。その前に買ってもらえなきゃわかる訳が無い!

そんな自信はいくらあっても売れない。
伝わらなければ売れないのです。

 

2:成功体験を引っ提げて登場!「過去の栄光で自信満々ケース

「私ねぇ、5年くらい前に楽天で月商300万円売っていたんだよ。だから上手くいくはずなんだけど、何かおかしいんだよね。ちょっと見てくれない?」そういう相談も何度か頂きました。

過去に売った経験と言うのは無いより有った方が良いのですが、それは商品や体制にもよります。
以前は会社に属していて担当者という形だったが、今回独立して全く別の商品を売る事にした。

これは売れなくても不思議じゃない。
違うモノが大き過ぎるから。

5年前と今では情勢が全く違うから売り方も変わる。
5年前はスマホで買う人なんていなかったんだから。

会社では人モノ金が豊富にあっても個人ではそうはいかない。
一人でやらないといけないから時間が無いという人が結構多い。

商品が違えば売り方も客層も違う。
それなのに同じように売れるという考えは成り立たない。

少し経験があると言って怠けていると、初心者が必死になって追い抜いていく。
ウサギとカメでは無いですが、よくあるお話ですね。

 

3:売れているお店があるから自分も売れる!「人真似自信満々ケース」

自分が売ろうとしている商品は売れる商品なのかどうか。
それを見極める事は非常に重要です。
1番の「良い商品だから売れる」という考えよりも「売れる商品だから売れる」という理論の方が売れる根拠になります。

ただ、だからと言って他人と同じような売り方をすれば良いのでしょうか?
多分そんな考えの人はたくさんいますからライバルは多い事になります。
そうなって結局「安売り」「サービス」「価格競争」しか出来ないとしたら資金力に勝る大手に勝てるはずがありません。

売れている商品を
売れているお店と同様のデザインで
同じような売り方をすれば売れる。

ハッキリと言いますが、今の時代「同じ」ようにすることは意味がありません。
同じような商品で同じような価格の商品なのに自分の商品を選べと言われても買い手は選ぶ理由がわからないからです。

同じだから売れるという自信は根拠になりません。
同じ商品でも売り方が違う
売っている人が違う
作り方が全く違う
他のお店とは何が違うのかを明確に出していく事を考えましょう。

人の真似をするよりも違った方が選ばれる。そう言う時代なんですよね。

 

自信満々の人は売れる要素があります。
でも問題はその後です。
自信は上手く活かせなければ害になってしまうケースも結構有るという事です。
自分ではなかなか気付きにくいもの。
誰かに聞いてみて問題を解決するのが良策です。

 

自分は何故売れないのか?
そこに気付きさえすれば進め方は見えてきます。
一緒に売り方を考えて行きましょう!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です