ネットショップは先ず誰かの目に触れなければ始まらない!

Pocket

a0002_003652_m-1024x679
あなたのお店がいくらよい商品を売っていても

あなたのお店のサイトがいくらキレイに出来ていても

あなたがどんなに努力をしていたとしても

インタネット上で誰の目にも触れなければ買ってもらう事が出来ません。

「アクセス数を増やさなければ売上に繋がらない」
これは動かしようの無い事実です。

だから一般的には次のような事をして人の目に触れようとします。

1:アナログ媒体で知らせる

2:SEO対策を行う

3:SNSで情報発信する

4:商品数、紹介文の文字数を多くする

5:広告を買う

私は大雑把にこれだけをやれば売上を上げる為のアクセスは稼げると思います。

どれにエネルギーを注ぐか。
どれに時間を費やすか。
何にお金をかけるか。

お金をかけられない人はそれ以外の全部をやった方がいい。
誰だって勉強さえすれば無料でできます。
やらない手は無いのです。

ただし、これらをやる上で重要視しなければいけない事が有ります。

それは「数」です。

「量」と言う人もいますが同じですね。

何をやろうと、多くの人の目に触れることが目的であれば、その数が多ければ多いほど目的を達成しやすいという事です。

名刺、チラシを数多く配る
検索されるキーワード
SNSでの情報発信数
商品数と説明文

どれを取っても数が重要なものばかりです。

「アクセスが少ないのですが、どうすれば増えますか?」

増やして下さい。
上記の量を増やして下さい。

「いや、やってますよ」

足りないのです。
満足のいくアクセスを集めるには数が足りないのです。
だからもっと増やして下さい。

その数とは、あなたの行動の量です。

売上が上がらないのは「アクセス数」のせいだとすると、売上が上がらない根本の原因はあなたの「行動の量」と言う事になります。
つまり、あなたの行動量を増やすしか売上アップには繋がらないという事です。

時間がないという人は出来るように調整するしかありません。

アクセスが増える方法は、実は皆さんが知っている事です。
その差が出てしまうのは数が足りないだけです。

いくら考えていても考えるだけではアクセスは増えません。
行動して初めてアクセスが増える。

行動あるのみです。

 

わかっているけど「時間がないんだ!」と言う方は質問して下さい。
質問には必ずお答えします。(1回目は無料で!)

 

 

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です