自分が決めた制約を取り払えば売上が上がります

Pocket

コンサルティングをやっていると様々な人と関わる事になります。
皆さん、良い人ばかりです。
でも良い人だから売上が上がる訳では無いのが悲しいところです。

私が売上に苦しんでいる人をみて日頃感じている事があります。

人は色んな「制約」の中で生きているという事です。

私もそうです。

「これをやろう!」と決めても人によって掛けられる時間も変わりますし、持っているお金にも違いがあります。
だから結果的に達成する成果にも違いが出てきます。

この制約の中で生まれた結果が現状の結果です。
つまり現在の売り上げは自分の器どおりの売上であるという事です。

でも人はそれでは満足できない。
だからその制約の中でそれ以上の結果が欲しいと言い始めます。
器以上の売上が欲しくなるのです。
そうして私のコンサルティングを受ける人もいます。

当然私は色んな事を伝えやってもらおうとします。
ですが、色んな制約がある為に出来ない事が多いのです。

akf-zqw2008_2p「制約」という重りをつけていると制約の中でしか売上は上がらない

この「制約」を何とかしない限りいくらコンサルティングを受けても結果は同じです。

時間が無いから出来ない。
お金が無いから出来ない。
知識が無い。
技術も無い。

それでも売上は上げたいと言う。
矛盾だらけです。

ここで「覚悟」が必要になってきます。
売上を上げる邪魔になっていた制約を取り払う覚悟です。

時間が無い人は作らないといけない。
お金が無い人は貯めないといけない。
知識が無ければ勉強。
技術が無ければ経験。

やると決めてかかる事です。

もしくは「やらない覚悟」もあります。
制約の中で自分で出来る最低限の事をやる。
そしてその結果に満足するという事です。

人にはそれぞれ現状の自分の器というものがあります。
本来はそれで満足すれば良いと思いますがなかなかそうはいきません。
だからややこしいのです。

覚悟を決めると制約は少なくなり器は大きくなります。
できないと思っている人よりも、やると決めている人の方が出来る可能性が高くなるのは当たり前の事です。

売上を上げると決める事は
現状の制約を取り払う覚悟を決める事

そう思います。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です