売れているお店の真似をしても売上が上がらない理由

Pocket

a5c57_259_28631b5f56cec960eaacf9a26590a9caデビット・ベッカムを真似て話題になった老人の記事

 

「なぜあのお店は売れているのに自分の店は売上が上がらないのか?」

そんな疑問を持ちながら運営しているネットショップの方からの相談を受けます。
「あなたは専門家だから私のお店をすぐに売上アップさせる事が出来るでしょう」
そんな風に言われるときもあります。
ほとんど嫌みの領域ですが。。。

私はそういう質問をされるお店に申し上げたい事があります。

本当にすぐに売上が上がると思っていたのですか?
何を根拠にそう思っていたんですか?
そしてそれは、あなたがそう思っただけでは無いのですか?と。

商品も同じで価格も同じ。デザインだって負けていない。
それで自分が売れないのはおかしい!と言う人がいます。
売れているお店の真似をするのが売れる根拠という訳です。

でも結果が出ないのだとしたら、それは根拠では無いという事になります。
売れている商材と売れているお店のデザインを真似る。
商品説明や商品ページの作り込みも真似る。

私は真似る事がダメだと言うつもりはありません。
真似る事で自分がそこに近づく事は往々にしてあり、私は近道であると考えています。
でもそれだけではダメなんです。

それは表面だけ、見えている部分だけを真似ているからです。

見えない部分なんてわかる訳無いんだから真似しようが無いじゃないかと思うでしょう。
その通りなんです。
だから表面上を真似しても売れないんです。

売れているお店、売れている人は総じて同じです。

売れていないお店が想像するような事の数倍の労力をかけてお店を運営しています。
見えないところでお金をかけているお店もあります。
そして、そこまでに至るには相当の失敗と時間を要した人もいます。

 

コンサルティングを受ける事も努力の一つです。
知らなかった知識を得ることで目標に近づくスピードは確実に上がります。
でも、コンサルタントである私はお店の代わりに売る事はできません。
お店の運営をするのはあなた自身なのです。

どんな言い訳をしようと、誰のせいにしようと、売れない理由はただ一つ。
自分の努力が足りないという事になります。
それが現実だと思います。

結局、最初は真似から入ったとしても自分自身でお店を作り上げ、売上を伸ばしていく以外に道はありません。

私はなかなか実行できないお店に助言をし、お手伝いをします。
自分に何が足りないのか?
売上が上がらない本当の理由は何なのか?
そこを知ると、目の前の景色が変わると思います。

一緒に頑張りましょう!

売上が上がらない本当の理由を知りたい方はこちらから

 

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です