人は何故「ライザップ」に行くのか

Pocket

腹が出ています・・・涙

ライザップに行きたい。

そう思ったことのある人は少なくないと思います。

僕も行きたいです。

でも金額が高くて簡単には行く気になれません。

余程の覚悟が無ければ・・・

覚悟を持って挑む必要性

余程の覚悟

何か成功を求めた時、自分でそれを達成できる人は少ないです。

筋トレ、ダイエットに限らず

禁煙、外国語、ゴルフ・・・etc

そして、ビジネスです。

もちろん自分で出来る人もいます。

そして、自分でやらないと気が済まない人もいる。

僕はそれで良いと思います。

でも、早く結果を出したいと思ったり、自分では達成できないと痛感している人もいる。

人に頼るのは恥ずかしい事ではない

だったら

やっぱり「人に頼った方が早い」という事になります。

厳しい言い方をすると「人に頼らないと出来ない人」もいるのです。

でもやっぱり余程の覚悟が必要なんです。

ライザップの場合は高額な料金設定も失敗できないと思う要素になります。うまく出来ています。

さらに心理的なプライド。失敗したらカッコ悪いですからね。

他の習い事やビジネスも同じです。

本当に恥ずかしいこととは

プライドが邪魔をしますよね。

特に男性の場合はそうかも知れません。

なかなか成功しない人は「プライドが高い人」が多いです。

出来ない自分が恥ずかしいんです。

でも、本当は違うはずなんですよ。

恥ずかしいまま一生を終える方がずっと恥ずかしい事なんですよね。

せっかくネットショップを始めて上手くいかない。

それ自体は恥ずかしい事じゃないです。

だれでも失敗します。挫折しまくってます。

でも、最終的に上手くいったらそれでいいんです。

ライザップは高いけど、低料金のネットショップコンサルがあります。

プライドが邪魔するのなら、最初はメルマガ、SNSで勉強してください。

お待ちしています!

※格安コンサルティングは令和元年7月10日で終了しました。

メールマガジンで情報をお届けします!

メールマガジンの登録/解除 はこちらからどうぞ

SNSでも情報発信しています!

ツイッター、フェイスブック、インスタグラムで情報発信しています。是非仲良くなりましょう!

■スタジオパス facebookページ
SNSを使った情報発信も行っています。
普段は個人のアカウントで発信する事が多いと思いますので、そちらも御覧ください。

■森ヨシアキの Twitter
ツイッターにてネットショップなどの情報発信やってます。
大好きな阪神タイガースの話題もどんどん発信していきますのでお楽しみに!

普段の様子や気になった風景、家族の写真を紹介しています。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です