ブログから集客できないというネットショップは大体これが出来ていない

Pocket

電柱が二本見える空。これぞ日本晴れ!

大人(オジサン)になると、ついつい口が滑ってしまう事があります。

言わなくても良い事を言ってしまいがち。

若い人にはわからないと思いますが、ブレーキが効かないんです。

僕の場合は「ダジャレ」が増えている。

今のところ小3の娘には賞賛されています・・・

  

では今日のブログです!

「見えない」ものは「買えない」のです

「ブログを書きましょう!」

僕はネットショップから相談されるとブログを勧めます。

理由はただ一つ

「お客様に見つけてもらう確率を上げるため」

です。

  • 記事をたくさん書く
  • 検索キーワードにひっかかる
  • 見てもらえる

この流れですね。

でも「ブログを読んでくれた人が商品を買ってくれない」というのは良くある話です。

それはね・・・

情報が足りないからです!!!

ブログを読んでさようなら。

多くの人がそういう行動をしている。

お客様の行動を分析できていないんですね。

ブログを読んだ人に何をして欲しいのか?

これが「商品を買って欲しい」というのなら少なくとも「商品ページ」に誘導しないと。

今「ハロウィン企画」をやっているんなら「ハロウィンバナー」を貼らないと。

伝わっていなければ、伝えていないのと同じ

  • どんな仕事をしているのかわからない。
  • 価格はいくらなのかわからない。
  • どんなモノが届くのか?
  • 買うとどうなるのか?

「ちゃんとページはあります」

「ページへのリンクを貼ってます」

そういう人はまだ工夫が足りないんじゃないかな?

ページを見てもらえていないんだから。

リンクボタンを押さないんだから。

ブログを読んでくれてもあなたの商品を知らない人は買えない。

「いやいや、買ってくれてるから!」

素晴らしい!

ではもっと買ってもらったらどうですか?ってことです。

ブログ記事に見て欲しい情報を入れる。

足りなければ考える。

目立たせる。

もっと詳しく書く。

是非参考にしてみてください。

消費税増税間近!(マジかっ!)

個人ショップ対象のコンサルティング受け付けています。ただ今「全額保証付き」です!(1ヵ月30000円+税)

急いでお申し込みください!

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。