ネットショップの店長さんへ。あなたは何のためにブログを書くのですか?

Pocket

ネットショップ店長にブログを勧める理由
ブログを書こう!

僕が店長に「ブログ」を勧める理由

僕はネットショップのコンサルティングをするとき、いつも店長さんにブログを勧めます。

スタッフに書いてもらうのではなく、店長さん自身に書いて欲しいと伝えます。

理由は「一人でも多くの人にお店と商品と店長の事を知ってもらい売り上げに繋げる為」です。

この「何のためにやるか」が非常に重要です。

プロ野球の「名将」に学ぶ

勉強であろうが、スポーツであろうが、上達するために練習をします。

野球選手の頂点であるプロ野球の選手だって練習をする。

プロの域になってくると、その練習の意味を問われます。

名将と言われる「広岡達朗」氏がインタビュー記事で

「”練習”は誰でもする。”勝つための練習”をしているか?勝つための練習をしないと意味がない。」

そう言っているのを目にしました。

ネットショップのオーナーさん、店長さんもプロです。始めたばかりでもお金をもらって運営する以上プロだと思います。だからプロ意識を持たないといけないんです。

「意識」が「行動」を変える

「ブログを書いた方がいい」と言われたから書く。

そんなのはプロ意識でしょうか?

中には「ブログを書いたけど売れない」と文句を言いだす人もいます。気持ちは分かりますが、結果が出ないのは自分の書き方が悪いと思えないとしたら、自分事として捉えていないのではないからでは無いでしょうか?

「やれば結果が出る」これは間違いありません。でもそのやり方が間違っていると、時間がかかったり、しばらくの間意味のない事を続けてしまう事になります。

「何のためにやるのか」を強烈に意識してください。ブログを書くのなら「何故ブログを書いているのか」をいつも考えておくんです。強く意識すればするほど行動が変わります。

僕はこの記事で「ネットショップ店長にブログで集客出来るようになって欲しい」と思い、それを伝えるために書いています。「伝わらないと意味が無い」と思っているので多少言葉がきつくなっているのが自分でも分かります。

ブログを書いてみましょう。

「一人でも多くの人にお店と商品と店長の事を知ってもらい売り上げに繋げる為」 に。

ブログの書き方をアドバイスして欲しい!と言う方はこちらからお申し込みください。

Follow me!

この記事を書いた人

ネットショップの先生
ネットショップの先生
森よしあき
1966年9月14日生まれ奈良県の公立高校を卒業後、京都の専門学校へ進みそのまま京都で就職。約3年間勤めた後、奈良県のOA機器販売会社に転職し、約7年間で内勤と営業を経験。バブル崩壊から業績悪化により、営業マンの給与体系が成果報酬型となったのを機に退職。その後派遣業務などをしながらWEBサイトの制作を独学で習得する。独学では多岐にわたる制作能力向上に限界を感じデジタルハリウッド大阪校へ進む。卒業後に即起業!2002年スタジオパスとしてフリーWEB制作途中チームでの制作集団を数回立ち上げる。2013年より「ネットショップコンサルティング」をスタートし現在に至る。